社会福祉士の資格を取得する方法
けみさんの社会福祉士の資格を取得する方法を紹介します。

社会福祉士の仕事をするためには

2015/01/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会福祉士の仕事は精神的・肉体的なハンディキャップなどにより、社会の中で孤立したり、日常生活を送るのが困難な人たちに対しよりよい生活が実現できるように、専門知識と技術を持った社会福祉士がサポートを行います。高齢者、障害者、子どもなど、問題を抱える人々の問題解決に向けて相談業務を行います。人と接する仕事ですので、コミュニケーションの能力が高くなければ社会福祉士資格を得て業務を始めても仕事に対して大きなストレスを感じてしまうでしょう。

支援をしていくためには、まず相手の状況を理解するとともに相手との信頼関係を築くことが大切ですし、高齢者、障害者、子ども、母子家庭の母親、失業者など社会的に弱者と呼ばれる人に対して支援の手を差し伸べます。弱者の立場にある人たちをきちんと理解できるかということも大切です。弱者の人に対して理解できない心があるのであれば社会福祉士には向いていないでしょう。

看護師や医師など医療関係の人々は医療が日々進歩しているので勉強が欠かせないと言います。社会福祉士も同じです。社会の変化やニーズの多様化に伴って変化していくので常に学ぶ姿勢を持っていることが必要です。

社会福祉士の職場は広がりを見せています。福祉分野、医療分野だけでなく民間の福祉サービス企業や福祉機器販売・メーカー、有料老人ホームなどでも社会福祉士は活躍しているようです。資格を取得することで仕事探しの幅も広がります。資格取得後は良い条件で就職できるようになったという人も多くいるようです。資格を取得していれば生活指導員、児童指導員、ケースワーカー、ソーシャルワーカーなどとして働くことも可能です。社会福祉士資格を活かせる職場は今後も増えていくのではないでしょうか。自分にピッタリ合った働き方をするためにもまずは社会福祉士資格を取得してみては?

関連記事
ライタープロフィール

けみさん/女性/年齢:40代/岡山県在住/子供二人の母、大学時代に塾講師を経験そのまま就職するが、公務員試験に挑戦。地方公務員となるが二人目を妊娠し退職。大学時代にアルバイトをしていた塾で再び塾講師に。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO