社会福祉士の資格を取得する方法
けみさんの社会福祉士の資格を取得する方法を紹介します。

社会福祉士資格試験は難しいの?

2015/01/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会福祉士資格試験は国家試験です。社会福祉士国家試験は、1989(平成元)年より年1回実施されてきています。今までに多くの人が社会福祉士の資格を取得しています。社会福祉士資格試験の合格率は30%前後です。あまり簡単な資格試験絵はないですが、私が養成施設の先生に言われたことはきちんと勉強をしていれば合格する!という言葉。きちんと勉強をしていれば合格するのは当たり前なのですが。

社会福祉士試験は全体的にそこまでレベルが高い試験ではないと思います。出題範囲が広いので幅広く勉強をしなければならないので難しい印象を受ける人も多いようですが、出題ポイントを押さえて勉強をすればそこまで難しくないのではないかな。ただ、受験資格がなければ資格試験を受験することが出来ません。受験資格を得ることのほうが面倒かなとも感じます。

他の資格試験でも同じことが言えるかもしれませんが、やはり過去問が大事ですね。過去問を繰り返し解いて、出題の傾向やポイントを理解しておくこと。ポイントを押さえて勉強しなければかなり広い範囲をすみずみまで勉強することは到底無理。また、勉強のやる気もうせてしまいますから。

書店に行けば社会福祉士資格試験対策の問題集などが色々と販売されています。問題集を購入して勉強をすることもいいかもしれませんが、私は通信教育の教材を利用しましたよ。通信教育の教材は社会福祉士資格試験の出題ポイントを押さえていますし、予想問題などもありますから、的を絞って勉強をしていくことが出来たかなと感じています。ただし、通信教育の教材を利用するにはある程度の費用がかかります。教材がど〜んとまとめて届いたときにはこんなに勉強しなければならないのか・・・と少し気持ちが落ち込むかもしれませんが。

社気福祉士資格を最短で取得するにはどうすればいいのか、自分に合った方法を見つけて頑張りましょう。

関連記事
ライタープロフィール

けみさん/女性/年齢:40代/岡山県在住/子供二人の母、大学時代に塾講師を経験そのまま就職するが、公務員試験に挑戦。地方公務員となるが二人目を妊娠し退職。大学時代にアルバイトをしていた塾で再び塾講師に。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO