図書館司書の仕事体験記

40歳過ぎて資格を取得し図書館司書で仕事をした体験記を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 仕事を始める前の不安

    新しい仕事を始める前には、誰にも不安があります。多少の知識だけで、全く経験のない自分にどれだけやれるのかという不安です。しかし図書館司書になった私の場合、そんな不安とはまったく別のところに心配が…

  2. 図書館司書はどんな仕事をするのか

    図書館の利用者だったころ、私は図書館司書の仕事はカウンター業務だけだと思っていました。利用者の視点からは、それしか見えなかったのです。しかし図書館司書になって、カウンター業務が図書館司書の仕事の…

  3. 初日はどうだったのか

    図書館司書としての初日は、まず書棚に並べてある図書や雑誌の場所を覚えることから始まりました。図書館司書資格取得の際に、勿論、基本的な分類方法は学んでいました。けれど細部にはその図書館独自の分類方法が…

  4. 実際に働いてみて驚いたこと

    利用者の視点から見た図書館司書の仕事は、カウンター業務でした。それしか見えないというのが、その大きな理由でした。しかし実際、図書館司書になってみて、カウンター以外の仕事の多さに驚きました…

  5. 実際に働いてみて大変だったこと

    図書館が開館するのは午前9時でした。開館時間ぴったりに、私は自動ドアの鍵を開けました。そこには大抵、十数人の利用者が待っていました。私がドアを開けると、その中の数人が争うようにして図書館の中に…

  6. 実際に働いてみて良かったこと

    図書館の仕事の全てが、本に関わることでした。図書や雑誌の選定では、書評を読むことが主な仕事でした。サーバーへのデータ入力も、すべて本に関する情報の入力でした。リクエスト業務やレファレンス業務も…

  7. 仕事上のトラブルとクレーム

    リクエストというのは、利用者のための本の予約システムです。読みたい本があるのに図書館にない場合、または貸し出し中だという場合などが、よくあります。そんなとき利用者は、リクエスト用紙に記入をして…

  8. 迷惑利用者への対応

    図書館というのは、その町の縮図なのかもしれません。町中のあらゆる集落から大勢の利用者が集まってくるからです。愛想の良い人がいるかと思えば、無愛想で言葉少ない人もいます。お喋りでカウンターから…

  9. 図書館司書に向いている人

    その仕事が自分に向いているかどうかは、自分本人には分かりにくいことが多いものです。図書館司書も同じで、いくら本が好きだといっても適性とは限りませんでした。確かに図書館での仕事は本に関することが多く…

  10. これから図書館司書として仕事をする人へのアドバイス

    インターネットの普及に伴い社会が大きく変化したのと同じで、図書館も大きく変わりました。一番大きな変化は、図書館利用者が、常に携帯電話やパソコンで情報を得ていることです。これまでと違い…

ライタープロフィール

キイチロウ/男性/50代/福井県在住/ごく普通の仕事をしていて、ごく普通の考え方をする、ごく普通の趣味を持った、ごく普通の外見の人間です。ただ他の人よりも少しだけ、人間ウォッチングに優れていると自分では思っています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO