旦那様は韓国人
韓国人の旦那様と国際結婚したはなオンマさんの面白い話を紹介します。

日韓夫婦の食卓は?

2013/05/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国料理の小皿

韓国料理の小皿

国際結婚していると、よく聞かれるのが「家のごはんは何食を食べてるの?」ということです。

ズバリ、我が家はほぼ日本食です。と言っても、時々韓国食も作りますが。

結婚してみて分かったことは、日本と韓国では食事の支度の方法からして違う、ということです。

日本では、その日食べる物を食べる直前に調理して食べることが普通です。品数も時と場合にもよりますが、「一汁ニ菜」が理想的と言われていますから、単純にご飯と汁類、おかず2品という感じが一般的ですね。そして、漬物などでない限り、その都度食べきるのが普通だと思います。

韓国では、韓国料理を食べたことがある人は想像しやすいかと思いますが、小皿に何皿も副菜が出てきます。例えば、キムチやナムルなどです。これらの副菜は一度にたくさん作って、タッパなどに入れて冷蔵庫で保存しておくのが普通で、食事の度に少しずつ出して食べます。面倒なときは、ご飯とこれらの副菜だけでごはんを食べたり、おかずを作っても1品だけ、例えばチゲやスープを作ったり、肉や魚を焼いて食べます。

私がこの韓国式の料理の準備方法にあまりなじめないことも我が家に日本食が並ぶ理由の一つであります。

それから、やはり、韓国料理と言えば辛いものが多いです。夫の実家に遊びに行くと、子供が食べられる物がないということが多いです。韓国の子供達は小さいころから辛い物を少しずつ食べて慣れて行くのだそうですが、我が家の子供たちは食べ慣れていないので、こういう時に困ります。

娘の幼稚園の昼食では子供とは言え、キムチなどの辛いものが出ます。幼稚園では辛い物を食べられる子供は「お兄ちゃん、お姉ちゃん」だと言われ、食べると誉めてもらえるそうです。日本人の私にすれば、ぶっちゃけ「別に食べなくてもいいのに」という感じです(笑)。

私自身が辛い物があまり好きではないことと、子供達が一緒に食べられないので日本食を作ることが多くなってしまいます。日本食でもおいしいと不満も言わずに食べてくれる夫に感謝です。

魅力発見!韓国旅行記

韓国についてもっと知りたい方へ、実際に体験した韓国を紹介します。

旦那様は韓国人

韓国人の旦那様と国際結婚したはなオンマさんの面白い話を紹介します。

関連記事
ライタープロフィール

はなオンマさん/女性/年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO
妊娠・出産・育児