旦那様は韓国人
韓国人の旦那様と国際結婚したはなオンマさんの面白い話を紹介します。

私たちの共通言語

2013/04/08<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく「旦那さんとは何語で話すの?」と聞かれます。

韓国人の夫との会話は全て「日本語」です。

夫は大学で日本語を勉強したので、日本に住んだことがないにも関わらず、本当に上手に日本語を話します。

ただ、最初から日本語が上手だったわけではありません。付き合い始めてから半年くらいは私たちの会話は「中国語」でしていました。中国語で自分の気持ちを伝えきれなくてイライラしていた私の気持ちを理解して、夫は日本語で話す努力をしてくれました。

知り合いの日韓カップルの方が言っていました。「恋愛するのに言葉は必要ないのよ」って。

でも、「生活するのに言葉は必要」なんだと。

その方は、旦那さんと付き合いはじめるときは、共通言語が何もなかったそうです。それでも気持ちが通じ合って結婚するに至ったそうです。それはそれで言葉が通じないのに心が通じたってことがとても素敵ですよね。でも、その後彼女は結婚して韓国に住んでみて初めて言葉が通じないことの不自由さを感じたと言います。

私は夫と付き合いはじめてから韓国語の勉強を始めました。ほとんどが独学ですが、夫の両親や親戚とはなんとかコミュニケーションができるくらいに話すことができるようになりました。

韓国語があまりできなかったときは、夫の友達と会って食事をしても、夫の家族と会ってもいつも自分だけが蚊帳の外のようで寂しい思いをしていました。

夫が私には日本語で話してくれるので、私は自分の気持ちを素直に口に出すことだできてストレスを感じずに生活ができます。でも、そこには夫の我慢と努力が存在します。夫も自分の言葉で表現したいことがたくさんあるはずなのに、日本語を話す努力をしてくれていることにとても感謝しています。そして、時々、日本語の言い間違えで笑わせてくれることにも感謝です。国際カップルにとって言葉の問題はとても重要です。同じ母語同士であればしなくていい努力を常にしているのです。でもその努力のおかげで夫婦の絆も強くなるのかもしれません。

魅力発見!韓国旅行記

韓国についてもっと知りたい方へ、実際に体験した韓国を紹介します。

旦那様は韓国人

韓国人の旦那様と国際結婚したはなオンマさんの面白い話を紹介します。

関連記事
ライタープロフィール

はなオンマさん/女性/年齢:30代/中国北京在住/中国在住9年目、夫は韓国人で2人の子供の育児中。もはや自分が何人か分からなくなってきている今日この頃。楽しくなれる記事を書いていきたいです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO
妊娠・出産・育児