英語教材体験記
英語教材を使用してみてよかった所、イマイチな所、使用して思うことを紹介します。

大学入試 英語構文の重要性:全解英語構文

2013/07/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どのような教材か
大学入試を受けるのなら、まず英語構文は覚えておきたいところ。受ける大学のレベルによって、覚えないといけない内容(量)は変わってきますが、受験だけでなくもっと実践的なことを考えると、やはり多くの構文を覚えておいて損はありません。そういった意味で、全解英語構文は量・質ともに良いのではないかと思います。

構文の勉強法、わたしの場合であれば、とにかく暗唱です。高校生の頃、単語帳や熟語帳と併せて構文の教材を覚えさせられていました。当時は単語や熟語と同じように、ひたすら書いたり電車の中で必死に頭で唱えたりと芸のないことをやっていましたが、とにかく覚えないといけないことが多くて決して効率はよくなかったかと思います。それで始めたのが暗唱。高校の先生にすすめられた暗記法です。これも決して斬新な暗記法ではありませんが、けっこう効きます。

大事なことは、構文だけを暗唱しないといこと。構文帳には必ず例文が載っていますので、暗唱をするならそれ。具体的な使い方で覚えたほうが、より使い方のイメージが頭に入りやすいと思います。

良かった所
受験生にとって直近な話であれば、構文をしっかり覚えるとそのまま英語のテストの点数に反映されると思います。単語力や読解力などは別物と考えている人も多いかもしれませんが、構文帳をしっかりやり込む、言い方を換えれば例文や用法などを細かく読み込めば、自然と単語力や読解力、つまり英語力がつきます。もちろん、それだけですべて事足りるわけではありませんが、方法論の一つとして活用するメリットは十分にあるはずです。

また、実際に仕事で英語を使うようになって実感したことですが、現実の社会の中でも意外と構文は役に立ちます。「受験英語は役にたたない」といった風潮が一部にはあるようですが、決してそんなことはないと思います。ようは使いよう。実践を繰り返していけば使える英語とそうでない英語を取捨選択できるようになりますので、知識として英語をストックしておくことにデメリットなどありません。短期的な視点でも、長期的な視点でも、構文は役に立つのでしっかりと学ぶことが大事でしょう。

使用してみて思うこと
構文のテキストはいろんな出版社から数多く出されています。受験生にとっては必須なので、当然といえば当然でしょう。しかし、数多く出されているだけに、どれを手にとっていいのか分からないというのもよくある話です。当時のわたしもそうでしたが、だったらボリュームがあるのを手に取るのも一つの方法だと思います。もちろん、効率だとか、いろんな要因が絡んできますので、自分の目標や力量に合ったものを選ぶのも一つの方法。誰もが最短ルートで大学入試を突破したいわけですし。それでも、上で述べたように、構文を充実させることには大きな意味がありますので、英語に関心があるならなおさら手を出してほしい一冊です。頑張ってみてください。

全解英語構文

関連記事
ライタープロフィール

横浜ホームズさん/男性/年齢:30代/横浜在住、福岡から横浜に来てはや10数年。もはや博多っ子と浜っ子の境を見失う30男。美しいものが好き。だけど醜いものはもっと好き。人生、味がある方がいいよね。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO