東京都町田市ってどんなところ?
「団地の街、町田」「私史上ナンバーワンのケーキ屋さん」「多国籍な雰囲気を味わう商店街」「町田の美味しいも」など町田市の魅力を紹介します。

新鮮な魚と親しみやすい雰囲気が自慢!「大西鮮魚店」

2020/05/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいお酒と食事が自慢のお店が多い町田。私も町田の住人になってからというもの、たくさんのお店へ行きました。もちろん現在進行形。魚、肉、鍋などそれぞれのお店に看板メニューがありその時食べたいものをいくつものお店の中から選ぶことができるのが、数多くの飲食店がそろう町田のいいところです。お店の雰囲気も、おしゃれ、隠れ家的、大衆的などいろんなジャンルのお店があります。

そんな町田で、私が一番におすすめしたいのが「大西鮮魚店」。屋根はトタン、外にはビニール張りのテラス席がある大衆居酒屋の雰囲気が大いに漂っているお店です(テラス席では犬連れで飲んでいる人も)。このお店は店名からもわかる通り、お刺身や魚料理が売り。新鮮な魚をふんだんに使った料理がいくつも用意されています。店内の雰囲気は大衆的ながらも清潔で、私のお気に入りポイントは椅子にちゃんと背もたれがついているところ。大衆居酒屋の椅子はけっこうな割合で背もたれがない場合が多いのですが、私はそんな居酒屋で一度椅子から転げ落ちたことがあるのでこれは大事なポイントです。お陰で大西鮮魚店では寄りかかってゆったりとくつろぐことができます。

料理の方はというと、やはり一番のおすすめは築地直送鮮魚の盛り合わせ。松・梅・竹があり、2人なら梅か竹、3人以上なら松がおすすめです。その日によって内容は多少変わりますが、お刺身はどれも新鮮そのものでハズレがありません。そしてもうひとつおすすめなのが、ホタテとスルメイカの肝バター醤油炒め。大ぶりのホタテとスルメイカに肝の風味がよく絡んでお酒が進みまくってしまう逸品です。

他にもプリップリの水蛸のから揚げ、なめろう、魚介の串焼きなど魚をたっぷり味わいたい時には絶対に行くべきお店。なめろうを注文するとカウンター奥の厨房からトントンと魚を叩く音が聞こえてきて、これもまた作りたてというのがわかります。大西鮮魚店の営業時間はなんと16時〜翌朝9時まで。時間を気にせずゆっくりと飲めます。あまりゆっくりとし過ぎて、お店を出たら明るくなっていた!ということもあるので気をつけてくださいね。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO