カメラ女子の心得
「カメラ女子」がブーム。本格的な一眼レフカメラを手に、グルメや寺社、花、イベントなどを撮りに行こう。必要アイテムや撮り方を紹介します。

旅カメラ編:京都・奈良

2013/06/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
京都・下鴨神社の門前名物「元祖みたらし団子」

京都・下鴨神社の門前名物「元祖みたらし団子」

奈良町の古い街並み

奈良町の古い街並み

日本で最も人気の高い京都・奈良も、女子カメラ的におすすめの場所。寺社仏閣をはじめ、古い町家のレストランやカフェでのランチやスイーツ、お祭りなど、ついカメラを構えてしまうスポットが満載です。

京都だと、清水寺や金閣などの定番スポットもよいですが、自分でマニアックな寺社を"開拓"するのも、旅の醍醐味です。私が好きな寺社の1つが、下鴨神社です。

世界遺産なので有名ではあるのですが、糺の森を歩いているだけで神妙な気持ちになりますし、縁結びの神様をまつる「相生社」も知られています。ここは、下鴨神社の境内にある大きな朱色の門"楼門"のすぐ南側にあり、相生社のそばには2本の木が途中で1本になっている「連理の賢木」もあります。いわれによると、縁結びの神様のパワーがあまりにも強すぎて2本が1本の木になってしまったのだとか。

また、下鴨神社の門前名物といえば「みたらし団子」です。いまや日本中どこでもあるみたらし団子も、実は下鴨神社が発祥で、境内にある"御手洗池"から水がボコボコ湧き出る様子を再現した和菓子なのだそう。下鴨神社の近くに"元祖みたらし団子"を掲げたお店あり、手軽に食べることができます。ここでも、写真を撮るのをお忘れなく。

一方、奈良も写真スポットは多いです。自分が最も好きなのは、奈良町。京都とはまた違う町家が立ち並ぶ様子は、写真スポットとしても"絵"になります。ランチやスイーツも、奈良は京都よりも価格設定が低いので、気軽に食べることができます。味も見た目も京都と比べてもそん色なし!

あと、奈良に来たなら、鹿さんもお忘れなく。でも、鹿はあまりカメラを近づきすぎるとビックリするので、望遠気味に狙いましょう。鹿に襲われてカメラを落として壊れた、といったらせっかくの旅が台無しになってしまいます。鹿せんべいでおびきよせるのも、すごく危険。この鹿せんべいを手にした瞬間、鹿はものすごい勢いで近づいてきます。奈良の鹿は国の天然記念物です。万が一、怪我でもさせてしまうと厳罰が下ることもあるので要注意です。

関連記事
ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO