カラオケ上達したい人必見!プロが教える発声法

腹式呼吸法、声に芯を作る方法、声を浸透させる方法、息継ぎの方法、ビブラートを付ける方法、マイクの上手な使い方などプロが教える発声法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. プロが教える発声法 概要

    カラオケという言葉は、空のオケ(伴奏)という意味です。流しのギター弾きがお得意さんの伴奏をテープに吹き込んで、渡した事が始まりと言われています。カラオケはMDのような丸いシートに伴奏を収録した…

  2. 腹式呼吸法

    カラオケファンのサークルでは、腹式呼吸の発声方法が如何に大切かを、講師が熱心に話しています。しかし、講師が腹式呼吸について判っていない場合も多いのです。腹式呼吸とは、お腹で息をする事で…

  3. 声に芯を作る方法

    人間の声帯は、其々に違った大きさと厚さをしています。従って、声にも違いがあり声紋として識別される事もあります。物まね名人は、本物の歌手と同じ歌声で人気ですが、イメージが重なる事による錯覚の部分も…

  4. 声を浸透させる方法

    歌声を浸透させるという事は、声量を上げるという事にも繋がってきます。声が小さいと、マイクのボリュームを上げてもキーンというハウリングを引き起こすだけです。しかし、声は大きければ良いという物では…

  5. 息継ぎの方法

    カラオケで息継ぎが上手くいくと、歌がスムーズになって歌詞が伝わりやすくなります。歌手のお手本を良く聞き、ブレスの位置をしっかりチェックしましょう。ブレスの位置を間違えると歌詞が伝わり難く…

  6. 音程を安定させる方法

    カラオケファンは、音程が比較的安定している方が多いと思います。やはり「好きこそ物の上手なり」という事で、一般の方より歌う回数が多いからです。プロの歌手でも毎日ボイストレーニングは欠かしません…

  7. ビブラートを付ける方法

    カラオケファンの方で最もリクエストが多いのは、何と言ってビブラートの付け方が一番です。ビブラートが掛かっているだけで、「おお!上級者だあ」と一気に評価が上がります。ビブラートとは、声に振幅を持たせ…

  8. マイクの上手な使い方

    カラオケは格段に進化して、機能と性能がグ〜ンとパワーアップしました。しかし、現在でも音響の現場では「音の入り口と出口が一番重要!」と言われています。音響機器がどんなに進化しても、マイクとスピーカーが…

  9. トレーニング方法

    カラオケは、腹式呼吸と声を出す事で健康にも良い趣味と言われています。公共施設や町内会では、沢山のカラオケサークルがあり、交流も活発に行われています。発声練習はカラオケの基本になります。毎日30分行う…

  10. カラオケを3倍楽しむ方法

    カラオケを楽しむには、ルールを守る事が大切です。自分だけでなく、全員で楽しめるようにすると、カラオケを3倍楽しむ事ができます。カラオケで良く見かける光景で、これはどうかなあ?と思う事が沢山ありました…

ライタープロフィール

Jack天野/男性/年齢:50代/セブ島在住/13歳より横須賀の将校クラブでドラマーデビュー、20歳でハモンドオルガン奏者、その後ピアノの弾き語りとしてファイアットリージェンシーと契約し東南アジア各国のホテルロービーピアニストを務めました。ちょっとマイナーな部分も含めて、楽しい記事を書きたいと思います。宜しくお願いします。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO