カメラ女子の心得
「カメラ女子」がブーム。本格的な一眼レフカメラを手に、グルメや寺社、花、イベントなどを撮りに行こう。必要アイテムや撮り方を紹介します。

必要アイテム:書く&発信編

2013/05/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット発信ツールとして人気の「アメーバブログ」

ネット発信ツールとして人気の「アメーバブログ」

いざ、たくさん撮った画像をどうするか。最近、いろいろ撮った画像を、自分のブログやホームページをはじめ、Twitter、Facebook、mixiなどのネット上で公開する人が多いです。

そのネット上で公開する場合、一眼レフカメラやミラーレス一眼レフカメラなどで撮った画像は、一度、パソコンに取り込んでアップします。そのため、「パソコン」が必要になってきます。最近、カメラから直接、スマートフォンなどに送ることができるWi-Fi機能付きのアダプターも登場してきました。パソコンを経由することなく、スマートフォンでアップしたり、カメラから直接、画像をアップしたりするのが普通になる日も近いかもしれません。

それでも、じっくり撮った画像を公開するなら、パソコンはあったほうがいいです。例えば「Photoshop」などでの画像処理などもパソコンだと簡単にできますし、たくさんの画像を一度にアップする時、パソコンはやはり便利です。もちろん、自宅などにインターネット環境があることが前提なのでご注意を。スマートフォンからアップする場合、3G回線だと画像サイズが大きいと、とても時間がかかってしまいます。

もし、画像処理ソフトとして「Photoshop」があると、カメラで撮るのがもっと楽しくなります。Photoshopは有料でやや高価ですが、廉価版として「Photoshop Element」も発売されていて、こちらは1万円強で入手できます。Photoshop Element でも初心者ならば十分の機能が備わっています。一方、無料でダウンロードして利用できるGoogle提供の「Picasa」もおすすめです。

FacebookでアップするならFacebookのアカウント、Twitterやmixiなども同様で、あらかじめ登録しないと利用できません。ブログは、登録すると基本、誰でも見ることができ、簡単に画像を文字つきで公開できておすすめ。画像の公開に特化するなら「Flickr」などのサービスもあります。いずれも基本、無料で利用できるので、いろいろ利用しながら自分にピッタリのサービスを選ぶのもいいかと思います。

関連記事
ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO