ドトール仕事体験記
「職場としてのドトール」「ドトールの仕事ってどんなもの?」「ドトール店員がおすすめするドリンク」などドトールでの仕事体験記を紹介します。

ドトールで巻き起こったハプニング集

2020/10/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長年接客業をしていると、「こんなことある!?」と思ってしまう出来事や「色んな人がいるなぁ」と思わせられる出来事にたくさん出くわします。今回は、そんな私がドトールで経験したハプニングをお話ししたいと思います。

○周りの店舗を巻き込んだ発注ミス騒動
これは個人的には「誰もが通る道だ!」と勝手にいい風に解釈していることなのですが、発注を忘れたという事件。しかも私が忘れたのが土曜日納品の発注でした。厳密に言えば「発注という業務を忘れた」のではなく、「発注はしたが送信ボタンを押し忘れた」というのが正しいのですが、どちらにせよ納品がないのは同じこと。土曜日に納品がまったくないのはお店にとって致命的です。私は店長に言われるまま、近隣のドトールに頭を下げて少しずつ食材を貸してもらい、その日を乗り切りました。その時の他店舗の人たちはみんな、「やっちゃいましたね(笑)」と言いながら嫌な顔1つせず貸してくれて、ドトールっていい人たちがそろっているなぁと思ったのでした。

○豆乳がソフトクリームに!?
これは一緒に働いていた高校生のスタッフがやってしまったこと。私が働いていた店舗ではソフトクリームも販売していました。ソフトクリームの原液を機械に入れて撹拌しながら凍らせて出すタイプの機械を使っていたのですが、なんとこの機械に間違えて豆乳を入れてしまったのです。なぜそれに気がついたかというと、その高校生のスタッフが豆乳ラテを作っていた時、豆乳ではなくソフトクリームの原液をカップに注いでいたのを目撃したからでした。「○○ちゃんちょっと待ってそれソフトクリーム!!」と横から声をかけるとその子は慌てて手を止めて豆乳のパックを探し始めます。「あれ?さっき持って来たんですけど……あーーーーー!!!」と、ソフトクリームの機械を見て大騒ぎ。その子は豆乳とソフトクリームのパックをバックヤードから一緒に持ってきて、取り違えて機械に入れてしまったのです。その後はスタッフ総出でソフトクリームの機械を洗浄したり大変な騒動。ソフトクリームも豆乳も、お客さんに出す前に気づいたのが不幸中の幸いでした。もちろんその高校生は、アレルギーがあるお客さんもいて下手をすると命に関わるミスなんだと店長にみっちりと絞られたのでした。

…この他にも接客業に騒動はつきもの。また機会があればお話ししたいと思います。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO