バイク女子の本音
女だってバイクに乗りたい!「女子のバイク選び」「女子のバイクグッズ選び」「女子が好きなツーリング先」「バイク仲間の探し方」などバイク女子の本音を紹介します。

女子のバイクでの「夢」

2013/07/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクで叶えたい「夢」とは。ズバリ聞かれると、さて、何だろう・・・と悩んでしまいます。

まず、自分がバイクに乗り出した頃は「上手くなりたい」でした。教習所で自動二輪免許を取得し、250クラスのバイクを手に入れたものの、公道を走ると車が怖く、突然、道路を横断してくる自転車や歩行者が怖く、バイクで転倒したらどうしよう・・・と、そればかり考えて恐る恐る、乗っていました。

バイクの操作にちょっと自信がついたのが、大型二輪免許を取得した時です。すぐ大型のバイクを手に入れず、そのまま同じバイクに乗っていたのですが、改めて教習所に行くと学ぶことも多く、750クラスのバイクでしたから、自分のバイクに戻ると小さくて扱いやすさがグンとアップしました。安全意識もより高まりました。

次の夢は「大型バイクに乗ること」だった気がします。大型二輪免許は取ったものの、大きなバイクは扱える自信もなく、しかも高価なので、免許を持っててもなかなか手が出ませんでした。しばらく年月が経て、突然「あの1000ccのバイク、欲しい!」と思い立ってすぐ買っちゃったのが女性らしいかもしれませんが(汗)勢いは大事、何事もチャレンジで、大型バイクの夢、突如、実現しました(笑)

ほかにも「北海道をツーリングでグルっと一周したい」「海外をバイクで走ってみたい」「ハーレーダビッドソンのバイクに乗るのがあこがれ」「モトクロスに挑戦したい」「サーキットを走ってみたい」・・・など、人それぞれ夢はあると思います。

ちなみに、自分の今の夢は、海外でバイクに乗って走ることと、「ステキな女性ライダーになる」ことでしょうか。バイク本体はもちろん、ウェアなどをそろえていくとお金がかかるのでなかなか大変ですが、せっかくバイクに乗っているのだから、野暮ったい格好よりステキな女性ライダー、目指したいです。

あと、乗りたいバイクもまだまだあります。イタリアの「ドゥカティ」は一度、所有したい。と思いながら、もう5、6年経ってる気がします。維持費が高いのもあってなかなか実現しません。

関連記事
ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO