バイク女子の本音
女だってバイクに乗りたい!「女子のバイク選び」「女子のバイクグッズ選び」「女子が好きなツーリング先」「バイク仲間の探し方」などバイク女子の本音を紹介します。

女子ライダーのバイクグッズ選び

2013/07/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクに乗るには、ヘルメットなどのバイクグッズも必須です。できれば、バイクに乗る時は、バイク専用のウェアやブーツなどもちゃんとそろえておきたいところです。

でも、女子ライダーのバイクグッズ、たくさんそろっているお店は、なかなかありません。男性ライダーに比べて、バイク人口が少ない、というのもあるのですが、サイズがなかったり、デザインや色が選べなかったり。インターネットではたくさん見かけることがあっても、ウェアやシューズなどはやはり実際に「試着」しておきたい。バイクグッズ、安くありませんから(汗)

『レディスバイク』などの雑誌で紹介されている女性ライダー向けのグッズは、とても参考になります。ただ、近所のバイク用品店に必ずあるかというと、都市部でもけっこう難しい。最近、女性ライダーコーナー、を設けているお店も増えつつありますが、一時よりもブームが一段落したのか、規模が縮小していたり、それほど大きく広がっていなかったり。女子ライダー向けグッズを買うのに今でも苦労が絶えません。

といっても、男性の体格の人ならいざ知らず、標準体型、もしくは小柄な女性だと、なかなか自分ピッタリのサイズに巡り合えません。男性用では明らかに大きいですし、特に、袖の部分が余ってしまうことが多い。

やはり、自分の気に入ったグッズがあれば、インターネットで入手するのが良いかもしれません。店頭で試着して気に入った色がなくても、ネットならある場合も。できれば、返品が無料のネットショップを利用すれば、万が一、試着がお店でできなくても安心です。

あと、肘や膝、背中などのプロテクターを入手して、一般のアパレルを着てバイクに乗るのも手。アウトドアブランドだと、最近は「山ガール」が流行っているのもあり、女性向けが増えていますし、防水性も抜群です。ただ、バイクで万が一、転倒した時を想定し、プロテクターは装着しておきたい。バイクグッズだと最初から装着されていることが多いですが、一般向けはありませんから、プロテクターで対応すると、ウェアなどのバリエーションがグンと増えます!

関連記事
ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO