横浜ってどんなところ?
「横浜について」「横浜中華街の楽しみ方」「コスモワールド」「新横浜ラーメン博物館」「よこはま動物園ズーラシア」など横浜の魅力を紹介します。

横浜といえば忘れてはいけないコスモワールド

2020/02/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜で有名なものといえば、皆さんは何を思い浮かべますか?ランドマークタワー、それともあの半月型の有名ホテル、インターコンチネンタルホテルでしょうか。みなとみらい地区にはたきさんのゆうえな建物がありますが、その中でも忘れてはいけないのがやはりコスモクロック。時計が付いているあの大きな観覧車です。

正式名称はコスモクロック21というそうなのですが、これがあるのが横浜コスモワールド。遊園地としては小さめですが、今やみなとみらいの景色にはなくてはならないものです。横浜へ観光に行った人は絶対に立ち寄る場所ではないでしょうか。なんと言っても嬉しいのが入園無料なこと。気軽に賑やかな雰囲気が味わえるので私は大好きです。

デートスポット定番とも言えるコスモワールドですが、実はお子さま連れの家族にもとってもおすすめ。子供用の乗り物が充実していて、家族みんなで楽しむことができます。私も絶叫系の乗り物が苦手な人間なのですが、コスモワールドの子供用ジェットコースターは唯一乗ることができます。その名も「ファミリー・バナナ・コースター」。3歳以上かつ身長95cm以上なら誰でも乗ることができます。私は本当にジェットコースターが苦手なので、これが精いっぱい。充分にスリルを体験できます。適度な速さとスリルでお子さまにピッタリです。

そして忘れてはいけない、コスモクロック21。コスモワールドに行ったらこれに乗らない手はありません。みなとみらいの景色が一望でき、横浜の街を実感することができます。おすすめはやはり夜。暗めのゴンドラの中が、まわりの夜景の明るさでほんのり明るくなりとてもロマンチック。このコスモクロックに乗っている15分間だけは、何だか自分が主役になったような気分になります。コスモクロックからの景色は、大げさではなく日本人なら一度は見ておくべき景色だと私は思っています。

最後にもうひとつ。スリルとみなとみらいの景色を味わったあとは、ぜひ園内売店のソフトクリームを食べてみてください。コスモワールドのソフトクリームは、なんとてっぺんにくまさんの人形焼がのっています。とても可愛らしいソフトクリームなので、目でも楽しめること間違いなしです。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO