横浜ってどんなところ?
「横浜について」「横浜中華街の楽しみ方」「コスモワールド」「新横浜ラーメン博物館」「よこはま動物園ズーラシア」など横浜の魅力を紹介します。

すっぴんの横浜。伊勢佐木町

2020/01/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜といえばみなとみらいなど、海辺の観光地があまりに有名ですよね。でもその辺りは文字通り観光地。横浜のほんの一部の姿に過ぎません。横浜は「市」という自治体でとらえるととても広い街です。閑静な住宅街もあれば少し雑多な雰囲気の地域もあります。みなとみらい周辺の横浜は、言わば着飾った横浜の姿だと私は考えています。

ではどの辺りが素顔の横浜なのか?それは伊勢佐木町辺りだと思います。伊勢佐木町は京浜東北線関内駅そばの、大きな商店街のある街。横浜市中区というところにあります。市営地下鉄伊勢佐木長者町駅や、京急日ノ出町駅からも徒歩圏内のとても便利な街です。この交通の便がいいところはやはり横浜の強み。多くの人が集まって発展した商店街も、横浜という大きな市だからこそだと思います。

伊勢佐木町は、ただ便利で賑やかなだけの街ではありません。実は京急日ノ出町駅の周辺などは、少し怪しい雰囲気の路地なども多く独特の雰囲気があります。そういう面を持ち合わせているところが、私が素顔の横浜だと思う理由です。着飾った部分だけの街よりも、こういう部分がある街の方が親しみを感じるものではありませんか?

しかし伊勢佐木町の一番の魅力はやはり大きな商店街。この商店街はイセザキモールと呼ばれていて、約1.7kmに渡ってたくさんの庶民的的なお店が軒を連ねています。歩行者天国になってるので、左右のお店をキョロキョロしながら見て歩いても安全です。チェーンの飲食店ももちろんありますが、昔ながらの個人経営のお店が多いのも嬉しいところ。自分だけのお気に入りのお店出会えるかもしれません。

イセザキモールは少し前までは「ゆず」がストリートライブを行なっていた街として有名ですが、最近ではなぜかタイ料理やタイ古式マッサージのお店が増えてきています。チャイナタウンならぬタイタウンのようになっている一角もあり、みんなタイ人の方が経営しているので本場の美味しいタイ料理が食べられます。

時代に流されずに長年営業を続けるお店と新しく加わったお店が一緒に楽しめるイセザキモールのある伊勢佐木町は、観光地ではない素顔の横浜が垣間見れる街。みなとみらいだけではない横浜の一面をぜひ多くの人に知ってほしいと思います。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO