千葉県松戸市ってどんな所?
「松戸市駅巡り」「どこで遊ぶか」「ラーメン激戦区」「パワースポット」「常磐線の魅力」など千葉県松戸市ついて紹介します。

松戸といえばココ!「21世紀の森と広場」

2020/07/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21世紀の森と広場。この名前だけでは何のことなのかさっぱりわかりませんよね。個人的にはなかなか素敵なネーミングだと思うのですが…。この21世紀の森と広場は、平たく言えば大きな公園です。でも、遊具があったりといういわゆる普通の公園とはひと味違います。広すぎるほどの芝生や大きな人工池、縄文時代の竪穴式住居の展示などがあり、いわば自然と戯れるための場所。その広さは東京ドーム11個分もあり、光と風の広場と呼ばれている芝生の広場は東京ドーム1.3個分にもの広さがあります。

○やっぱり私は光と風の広場をおすすめしたい!
私が21世紀の森と広場でおすすめなのが、先にも書いた光と風の広場。ここは本当に広く、平日のお昼に行けばこの広い芝生を貸切状態で独り占めできます。広場の真ん中には湧き水の小川が流れていて、水辺でせせらぎを聞きながら昼寝をすれば、頭の中が空っぽになりとてもストレス解消になります。松戸に住んでいた当時はこの21世紀の森と広場の近所に自分の家があったので、夏になると日焼けをしに足しげく通いました。また暑くなる前の5月頃には、心地よい風に吹かれてよく昼寝をしたものです。

○もちろんBBQもできます!
21世紀の森と広場には、もちろんBBQ場もあります。日差しや雨が遮れる屋根付きの炉や野外の炉、自分でキャンプグッズを持ち込んで一から準備するのも楽しめる広場があり、それぞれに合ったBBQが楽しめます。さらに道具や食材なども用意されているので、手ぶらで行けるのもポイント。炭も用意されているので、本当に手ぶらで行くことができます。ただし完全予約制なので、事前予約はお忘れなく!

21世紀の森と広場は、松戸きっての自然の宝庫。ここに書いたものの他にも、田舎の風景が見られる光と風の広場や野草園、夏でも涼しく森林浴が楽しめる生命の森などたくさんの見どころがあります。21世紀の森と広場は、松戸以外の人ももっともっと来て欲しい、そんな自慢の場所です。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO