女一人旅!バックパッカーの魅力
「バックパッカーとは」「深夜バスを賢く利用しよう」「女一人でもご当地グルメは楽しめる」「女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話」「現地での移動手段・おすすめは原付バイク」など女性一人でバックパッカーを楽しむ方法を紹介します。

ゲストハウスってどういう雰囲気?その3

2020/02/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に続いて、ゲストハウスとはどういう雰囲気なのかをお話していきます。

(6)清潔感がある
共同で使う空間だからこそ、気になるのが清潔感ではないでしょうか。手軽に宿泊できたとしても、汚いのは嫌ですよね。

私は宿泊したゲストハウスの中では汚いなーと感じるところはありませんでした。むしろシーツなどリネン類は真っ白で布団もフカフカといったところばかりで居心地は良かったです。

そもそもゲストハウスは新しく建築されたところよりも、古い建物をリノベーションしたところがほとんど。そのため、建物の古さを感じさせないためにも、きちんと手入れがされているところが多かったです。

一度共同のシャワールームが髪の毛がたくさん落ちていたことがあったのですが、入る前にスタッフの方に相談したところ、しっかり掃除をしてもらえました。そして次の日にはキレイに使う旨が書かれた紙が掲示されていて、しっかり管理されているなと感じました。

(7)貴重品は各自で管理する
疑うわけではないものの、同じ空間に初めて会った人がいるとなると、防犯面が気になりますよね。 私が宿泊してきたゲストハウスでは、貴重品は各自管理を任されていました。それぞれに金庫があり、その中に大切なものは入れておくことになります。財布とスマートフォン、ノートパソコンがギリギリ入るかな?といった程度で、あまり大きな個人スペースはないので注意しておきたいところ。

貴重品ではないけれども、大きな荷物を持ち込みたいときには、スタッフに相談すると預かってもらえるようでした。

(8)周辺のイベントで客層が変わることがある
ゲストハウスは基本的に気軽な旅行が好きな人、外国人などは多いです。しかし、周辺で開催されるイベントによっては客層がガラリと変わることも。私は某アイドルグループがコンサートをする日に宿泊予約をしてしまい、ファンに囲まれたことがあります(笑)感動を分かち合うファン同士で盛り上がっており、正直夜はうるさかったです。

しかし、こういったトラブルも仕方ないな〜で流せる性格の人の方が、ゲストハウスでの宿泊に向いていると思っています。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO