女一人旅!バックパッカーの魅力
「バックパッカーとは」「深夜バスを賢く利用しよう」「女一人でもご当地グルメは楽しめる」「女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話」「現地での移動手段・おすすめは原付バイク」など女性一人でバックパッカーを楽しむ方法を紹介します。

女一人旅。バックパッカーになりたいのであれば、ルール決めが大切

2019/12/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚前、私は国内一人旅が大好きでした。一人でリュックを背負い、好きな場所に行く。最高に楽しい時間を過ごしていたのですが、友だちと一緒に行ったほうがいいのでは?と言われたり、怖くて一歩踏み出せないと言われたり、なかなか周囲に理解されませんでした。

まず、よく言われるのは一人で寂しくないのか?ということ。結論から言いますと、寂しくありません。観光地に行って周りがグループだらけでもまったく気にならないものです。観光地は皆、周りを観て回っているので、一人で楽しんでいても周囲は気にしていません。グループ行動が好き!という人でない限り、寂しさを覚えることはないはず。

むしろ好きな場所に好きなだけ滞在できるのは最高の自由です。好きなところに行き、好きなものを観て、好きなものを食べる。解放感や自由の方が大きいので、寂しさや孤独が不安で一歩踏み出せないのであれば、ぜひ挑戦していただきたいです。

そして、一人で旅をすることが「怖い」と感じる方もいるかもしれません。万が一のことがあったらどうしようといった問題を抱えているのであれば、「冒険をしない行先」や「夜間は外出をしない」「安全な宿泊先選び」など自分自身にルールを定め、しっかり実行していけば大丈夫。

例えば秘境と呼ばれる場所や、ルートが不明確なスポット、人がまばらなところは避けていました。一人で旅行はしているものの、自分から人と離れるようなことはしませんでした。

次に行動時間。私は旅行先で飲み屋でお酒を楽しんでいますが、宿泊先の近くで楽しみ、23時ごろまでには必ず戻るようにしています。現地で知り合った人たちと気が合うとついつい楽しくなることも多々あるのですが、そのあたりは自分のルールを徹底。また、アルコールもたしなむ程度にしており、酔わないように自衛をしていました。

最後に宿泊先。私はスマホで当日検索して予約をすることがほとんどだったのですが、必ず口コミや実際に宿泊した方もブログを検索。とくにブログは忌憚のない意見が掲載されているのでおすすめです。

女一人、バックパッカー。不安もあるかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO