女一人旅!バックパッカーの魅力
「バックパッカーとは」「深夜バスを賢く利用しよう」「女一人でもご当地グルメは楽しめる」「女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話」「現地での移動手段・おすすめは原付バイク」など女性一人でバックパッカーを楽しむ方法を紹介します。

女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話(1)

2020/01/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女一人旅、しかも宿泊先もろくに決めないバックパッカー。普通に旅行するよりも危険度はどうしても上がりますよね。私は夜間は出歩かない、人目のあるところを中心に観光するなどマイルールを定めているのですが、それでも恐怖を感じた体験が2つあります。どちらも人に絡まれた話なのですが……。

まず一つ目ですが、関西方面に行ったときの話。朝から歩き回っていて疲労困憊。私はその日の宿泊先を早々に決めて、荷物を置いてとりあえず夕食をどこかで取ろうと街を散歩がてらうろうろと歩いていました。

何かないかなーとみていると、後ろから50代くらいのおじさまに話しかけられました。最初は「旅行者なの?」となどとフレンドリーな感じだったので、私もどこかおすすめの飲食店はありませんかー?などと和やかに話をしていたものの、どうも様子がおかしい。そわそわしているというのでしょうか。時間の経過とともに目が泳いでいる感じになってきたのです。

この人とはあまり関わってはダメだと早めに切り上げようとしたとき、「お姉ちゃん、さっきの大きな荷物は××(宿泊先)に置いてきたの?」と言われたのです。ちなみに宿泊先からは徒歩5分くらいでしたし、おじさんにどこに泊まっているなどと話していません。

もしかして監視されていた?
一気に鳥肌が立って、「もう行きますね」と言って近くのコンビニに逃げ込みました。おじさんはしばらくコンビニの外から中を見ていましたが、そのあとはどこかに歩いていきました。そのあとはコンビニ近くを走っていたタクシーを捕まえ、ホテルにも事情を話して部屋に閉じこもっていました。

特に何かされたわけではないのですが、不気味すぎる出来事として心に残っています。その話をホテルの方としていたとき、大きなリュックを背負って歩いている女性は、想像以上に周りからは目に止まりやすいものだと聞きました。気を引き締めて行動しないといけないなと、そのあとは防犯ベルも持ち歩くようにしましたよ。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO