女一人旅!バックパッカーの魅力
「バックパッカーとは」「深夜バスを賢く利用しよう」「女一人でもご当地グルメは楽しめる」「女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話」「現地での移動手段・おすすめは原付バイク」など女性一人でバックパッカーを楽しむ方法を紹介します。

危うく迷子!一人だからこそ慎重な行動をするべきだと感じた事件

2020/02/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人旅は当然ながら一人。自分で何もかも決めなくてはいけません。それはルートも同様です。私が今でも反省していて、さらにゾッとする経験を紹介させてください。

バックパッカーとして東北地方に行ったときのこと。そこは大きな公園があり、私はホテルに荷物を置いたまま、一人で朝の散歩をしていました。公園といっても整備されておらず、広大な森といった場所だったのです。私は思いつくがまま、しかも音楽を聴きながらさわやかな朝を満喫していました。

30分ほど経ったころでしょうか。ふと我に返ると、何も考えずに歩いてしまったことに気づいたのです。調子に乗っていたというか、ボーッとしていたというか。道はなく、当時はガラケーだったのですが電波もありません。とりあえず自分が来たであろう方向へと向かっていきました。

――これってもしかして遭難しかかってる?と不安になっていたところ、地元の方の姿が見えました。ここで私は助かった!ではなく、大したことなかったと思ってしまったのです。そのまま地元の人についていけば良かったものの、「ついていったら不審者だと思われるかもしれないし、人がいるならばそんなに深い場所ではないのだろう。自分は正しい方向が分かっている」と判断し、休憩してしまいました。

そして再び歩き出したのですが、やはり出口が見えない。むしろ森の奥に進んでいる!?と不安は増すばかり。一人で歩くこと2時間が経過し、これは遭難しているのではないかと不安で泣きそうになっていました。

そこになんと再び別の地元の女性が通りかかったのです。その女性からこんな深いころを軽装で何をしているの?と半泣き(実際には泣いていたと思います)で、事情を説明。女性は笑いながら私をなだめ、森から公道の方に案内してくれました。

その女性は散歩が日課らしいのですが、今日は調子が良いからと遠くまで歩いていたそうで、普段ならば通らなかったよ〜と言っていました。

一人旅は自分の行動に責任を持つこと。それからは来た道は必ず確認し、迷いそうなスポットには安易に近づかないようにしています。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO