女一人旅!バックパッカーの魅力
「バックパッカーとは」「深夜バスを賢く利用しよう」「女一人でもご当地グルメは楽しめる」「女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話」「現地での移動手段・おすすめは原付バイク」など女性一人でバックパッカーを楽しむ方法を紹介します。

結婚式場が併設されているホテルは使い勝手が最高

2020/01/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ひと昔前は女性一人の宿泊は断られた」なんて話がありますが、私は断られたことはありません。だいたいがインターネットで即時予約できるので、そのまま宿泊先に行くだけ。今は携帯電話やスマートフォンから空室の確認もできるので本当に楽。現在地から近い場所且つ空室の宿泊施設を案内してくれますよ。

そして宿泊先もホテルや民宿もあれば、ゲストハウスなどさまざまな形体があります。その中でもホテルは設備がいい分、割高な印象があります。しかし、素泊まり設定にすると値段はグッと下がり、民宿と変わらないくらいになるのでおすすめです。もちろん女性一人での宿泊も問題ありません。

とくにホテルといっても結婚式が併設されている施設の素泊まりはリーズナブル。地方に行けば行くほど、そういったホテルには挙式に参列した親族や友だちなどゲストが宿泊することを想定して建てられています。もちろん関係者だけで満室になることはほとんどないので、空き室が驚くほど安い価格で宿泊予約サイトに出ていますよ。

また、宿泊前に荷物の預かりをしてくれるところもポイント高。身軽になって周辺の散策ができるだけでなく、荷物を部屋まで運んでくれるの楽ちん。ホテルによりますが、次の日も希望する時間まで荷物を預かってくれることも多いので、周辺観光の拠点としても利用できます。

しかも、結婚式に参列した人たちが宿泊する場所なので、清潔でホスピタリティも抜群。女性向けの豪華なアメニティをもらってしまい、申し訳ない気持ちになることもしばしば。もちろんゲストとそうでない人を区別するようなこともないので安心してください(笑)

部屋も広めですし、バスタブも一般的なビジネスホテルより大きく、足を完全に伸ばして入れます。ジェットバスがついているお風呂だと、このチョイスは大当たりだなーとうれしくなります。私は近所のコンビニなどなどで入浴剤を購入し、また明日からの旅に備えて疲れを癒していますよ。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO