女一人旅!バックパッカーの魅力
「バックパッカーとは」「深夜バスを賢く利用しよう」「女一人でもご当地グルメは楽しめる」「女一人バックパッカー。ちょっと怖かった話」「現地での移動手段・おすすめは原付バイク」など女性一人でバックパッカーを楽しむ方法を紹介します。

奄美大島の滞在中にウイークリーマンションを利用してみた感想

2020/02/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は日本のさまざまな都道府県に行き、それぞれに思い出があります。忘れられない景色もたくさんあるのですが、中でも思い出深いのが奄美大島に10日間滞在したことでしょうか。

同じく一人旅を愛する友人が奄美大島に行き、すごく良かったよ〜と言っていたのを聞き、早速行ってみようとなったのです。何泊くらい滞在しようかと考えていたところ、仕事のスケジュールがうまく空いたのもあり、10日間に設定してみました。正確には10泊11日で、一つの場所に滞在した中では過去最長です。

飛行機の手配はすぐにできるのですが、問題は宿泊先。奄美大島を検索していると移動しやすそうな場所にゲストハウスがあったので、そちらを拠点として利用する予定でした。しかし、他のお客さんの関係で連続では取れず、2泊宿泊して1泊別のところに泊まり、戻って2泊して〜といった変則的なものになりそうだったので、どうせならばウイークリーマンションか何かに宿泊してしまおう!と思い立ちました。

長さにもよりますが、ウイークリーマンションも宿と同じくインターネットで簡単に予約が取れました。しかも長く宿泊すればするほど安くなるので、ゲストハウスよりも費用を抑えられたのも良かったです。基本的な調理道具などもそろっているので、食費も安くなりましたよ。

さらにウイークリーマンションは観光客というよりも短期間住む人を対象にしているため、レンタカーなども安く借りられるのも良かったです。私は滞在中は原付をレンタルし、移動手段にしていました。

基本的に安く快適に過ごせたウイークリーマンションですが、部屋の掃除やゴミ出しは当然自分でしなくてはなりません。そうとは言ってもゴミなどに関してはこうしてね!などと丁寧に説明してくれるので問題ナシ。布団のカバー類だけは自分で洗わないといけなかったので、そこは少し面倒だなと感じました。

何となく敷居の高いイメージがあったウイークリーマンションでしたが、今後も長期滞在をするときには利用してみたいと思っています。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO