コロンビアってどんな所?
「コロンビアの気候と適した服装」「コロンビアの治安」「コロンビアの通貨と、注意したいこと」「コロンビアの物価感覚」「コロンビアでお土産を買うなら」などコロンビアについて紹介します。

ボゴタのナイトライフを楽しむには?

2018/08/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに実もフタもないことを言ってしまうと、夜のボゴタでは基本的に1人では出歩かない方が無難です。もちろんホテルやレストランで呼んでもらったライセンスタクシーを使って移動をするのが前提ですが、それでも一度夜の街に出てしまうと、何があるか分かりません。

もしグループで旅行していたり、ホステルで他の旅行者と出会って一緒に出かけるというのであれば、ある程度安心できるとは思います。

ラ・カンデラリア地区に滞在しているのであれば、小さなバーやレストランがひしめくcarrera 2とCalle12Bの交差点にある広場のあたりがいいでしょう。週末にはコロンビア人の若者で夜遅くまで賑わっています。人通りも多いので安心です。

もしこのナイトスポットに行ったなら、カラフルに色づけされたアグアディエンテ(中南米で広く飲まれているさとうきびの蒸留酒)を試してみてください。別においしいものではありませんが、コロンビアの名物なので、話のタネとして。

またもう少しヒップなバーやおしゃれなレストランに行ってみたいという人には、Zona Rosa(ソーナ・ロッサ)やZona T(ソーナ・テー)に行ってみるといいでしょう。こちらはラ・カンデラリアが旧市街と呼ばれるのに対して、新市街と呼ばれています。海外資本のファッションショップやブランドショップ、レストラン、バー、クラブが立ち並んでおり、外国人も多いエリアです。

ラ・カンデラリアからZona RosaやZona Tに行く場合、タクシーで20000ペソほどかかります。深夜だと2割り増しになります。

Calle19のあたりにもバーやクラブはあるのですが、こちらは昼間でも注意して歩くべき、と言われているエリアなので、地元の人のグループに混ざって行く以外にはおすすめできません。

一番安心なのは、ホステルで知り合った人とホステルの共有スペースで酒盛りするとか、ホステル付属のバーで飲むことです。旅の情報交換などで盛り上がるので、無理して外出しなくても、十分楽しめると思います。

関連記事
ライタープロフィール

そま ちひろさん/女性/年齢:30代/中南米(2013年現在)/フリーライターおよび翻訳業。お気に入りの国はインド、住んでみたい国はスペイン、そして現在は南米を縦横断中、という矛盾だらけの人生を満喫しています。著作に「ヘラクレイトスの水」(大宰治賞2009収録)。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO