すごいぞ!二輪レース
ハラハラ、ドキドキ感ががすごい!MotoGPをはじめとした二輪レースを紹介します。

海外二輪レース観戦・交通アクセス

2010/07/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
交通アクセス

交通アクセス

日本を含め、世界中のサーキットを訪ね、歩いています。基本的に、海外では車は運転せず、できるだけ公共機関を使って行こうと目論んでいます。

しかし、どのサーキットも基本、街の郊外にあります。F1モナコGPのような市街地コースはかなり稀で、二輪、四輪問わず、まず、不便な場所にあるということを念頭に置く必要があると痛感しました。

また、MotoGPはいいほうです。最寄り駅から、土日のみでもバスが運行されている場合が多々あります。一方、SBK、AMAのようなややローカルなレースになると、まずバスなどは運行されていません。当然ながら、観客もマニアックな、コアなファンが多いので、バイクで来たり、車で来たりします。とても近い住人なら、自転車もありかと思います。

車がなくても気軽に行けるサーキットでお勧めなのが、スペインのバルセロナとバレンシア、オランダのアッセン、フランスのルマン、オーストラリアのフィリップ島です。特に、バルセロナは市内から鉄道で1本、最寄り駅から歩いても30分ほどです。ルマンも、私はまだ行ったことはありませんが、路面電車で行けるので便利と聞きました。さらに、その他のサーキットは、市内からサーキットまでバス、もしくは鉄道が運行されています。

また、マレーシアのセパンも、空港のそばでおすすめです。ただ、空港からサーキットまでのアクセスは基本ないので、タクシーを利用します。マレーシアは物価がとにかく安いので、タクシーで15分走っても、それほど費用はかかりません。行きはともかく、帰りはタクシーの取り合いになる場合もあるので、あらかじめ予約しておいたほうがいいかもしれません。

そして、クアラルンプールでは、タクシーのメーターを倒さないことも多いので、乗って出発する前に、メーターを倒してもらうか、倒さなくてもかかる料金をあらかじめ聞いておく必要があります。実際、運転手がメーターを倒さず、着いてから聞いていた料金より高く請求されたので、けんか腰に交渉したらすぐ値下げしました。

関連記事
すごいぞ!二輪レース
ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO