すごいぞ!二輪レース
ハラハラ、ドキドキ感ががすごい!MotoGPをはじめとした二輪レースを紹介します。

日本での二輪レース観戦方法・鈴鹿8耐

2010/06/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二輪レース観戦 鈴鹿8耐

二輪レース観戦 鈴鹿8耐

横断幕や旗

横断幕や旗

バイクとレースクイーン

バイクとレースクイーン

バイク乗り、バイクファンにとって、真夏の恒例行事と言えば「鈴鹿8耐」です。毎年7月第4日曜日、三重・鈴鹿サーキットを舞台に行われる、バイクの8時間耐久レースです。

鈴鹿8耐の観戦スタイルは、MotoGP日本GPなどとはちょっと違います。

まず、季節が真夏です。とにかく暑く、しかも8時間ずっと炎天下の下でじっとしているわけにはいきません。鈴鹿サーキットのコースを歩いて、いろんなポイントから観戦しましょう。もちろん、水分補給はこまめに行います。最近、サーキットでは「クールダウンスポット」という、冷たいミストを吹きかけてくれる場所なんかもいたるところに設置してくれていて、休憩スポットもあります。

また、レース以外に楽しめるのも、鈴鹿8耐の魅力です。メーカーのブースを見学するのもよし、タレントのトークショーを聞くのもよし、カスタムバイクの展示を眺めるのもよし。さらに、バイクショップなど出店するコーナーもあるので、なにか掘り出し物が見つかるかもしれません。

一方、とにかく暑い、レースを観るのにも飽きた、さらに子供を連れているという人は、鈴鹿サーキットの遊園地に行ってみてはいかがでしょうか。遊園地には、子供が満足できる乗り物がたくさんあり、プールもあります。

さて、宿泊ですが、バイクのツーリングがてら、家族のアウトドア体験がてら、テントを張ってキャンプをするのがおすすめです。鈴鹿サーキットには、立派なキャンプ場があります。敷地内には水場もトイレもあり、温泉まであります。食材などの買い出しも、近くに大きなイオンなどのスーパーもあって、コンビニもあり、とても便利です。

また、キャンプはちょっと、という人だと、鈴鹿市内はもちろん、津市内や四日市市内などでホテルや旅館などに泊まって通う手もあります。

しかし、鈴鹿8耐のスタートとゴールは、グランドスタンドで見ることをお勧めします。スタート前の「3、2、1、スタート!」というカウントダウン、8時間を走り切った夜にゴールする感動を味わずして、鈴鹿8耐は語れません。さらに、ゴール後に打ち上げられる花火も名物です。

関連記事
すごいぞ!二輪レース
ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO