セブ島暮らしの10ヶ条

奥様が一番えらい、親族と距離置く、日本人との交流に注意する、近所付き合いが大変、楽しく暮らす秘訣、などセブ島暮らし10ヶ条を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. セブ島暮らしは奥様が一番えらい

    セブ島に限らず、フィリピンは女系主義で「かかあ殿下」なのです。フィリピーナと結婚して、いきなりセブ島に住む人の話しは聞いた事がありません。ほとんどの場合、日本で暮らし定年を迎えてからセブ島に移住…

  2. セブ島暮らしは子供と行動を共にする

    セブ島暮らしに、子供を連れて行く場合があります。子供が成人し日本で独立している場合は別ですが、年の差結婚が多く小さい子が多いのです。移住準備として子供に英語と現地語を教えておく必要があります。私は…

  3. セブ島暮らしは親族と距離を置く

    セブ島で暮らす場合は、親族とある程度距離を取る必要があります。親族が近くにいる安心感から、同じエリアに住居を構える場合が多いのです。確かに、日本人からすればセブ島に日本の親戚がいるわけでなく…

  4. セブ島暮らしは集落のイベントに参加する

    セブ島には、日本の町内会や校区のような最小組織があります。地元ではバランガイといい、激しい選挙戦も繰り広げられます。バランガイキャップテンに選ばれると、名誉だけでなく安定した収入を得る事もできます…

  5. セブ島暮らしは日本人との交流に注意する

    セブ島で暮らしていると日本人が懐かしく思えてきます。セブ島にはセブ日本人会があり、日本語の補習校・談話室があります。セブ日本人会は、マクタン橋の近くにあり直ぐに判ります。餅つき・花見・七夕・夏祭り…

  6. セブ島暮らしは家主との付き合いが大切

    セブ島で賃貸物件に住むのならば、家主の性格と教養の度合いを考慮して契約しましょう。家主だからといって金持ちとは限りません、銀行から借金して建てている場合がほとんどです。私が借りた賃貸物件と家主の…

  7. セブ島暮らしは近所付き合いが大変

    セブ島暮らしは、3軒隣の近所付き合いが大変です。ゲートに囲まれセキュリティーが常駐するビリアは、プライベートを尊守し問題はありません。しかし、月の生活費を10万円以内と決めている私にとって、ビリアは…

  8. セブ島暮らしは学校の付き合いが大切

    セブ島暮らしは、学校の付き合いも疎かにしてはいけません。基本的に両親が揃って何事にも参加します。え!仕事を持ってる人は?と思うかもしれませんが、仕事よりも付き合いの方が大事なのです。フィリピンの学校…

  9. 日本の親族や友人との付き合い方

    セブ島に移住しても、日本の親族や友人との付き合いを疎かにしてはいけません。私はセブ島移住10年目を迎えますが、コミュニケーションはしっかり取っています。私が一番良く利用する方法は、フェイスブック…

  10. セブ島で楽しく暮らす秘訣

    セブ島で楽しく暮らす方法は、先輩達の顔色を見て修得しました。幸せに楽しく暮らしている人は、何ともいえない優しい笑顔と若々しさを保っています。逆に問題を抱えて悩んでいるような人は顔つきが暗く…

関連テーマ

ライタープロフィール

Jack天野/男性/年齢:50代/セブ島在住/13歳より横須賀の将校クラブでドラマーデビュー、20歳でハモンドオルガン奏者、その後ピアノの弾き語りとしてファイアットリージェンシーと契約し東南アジア各国のホテルロービーピアニストを務めました。ちょっとマイナーな部分も含めて、楽しい記事を書きたいと思います。宜しくお願いします。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO