国内のおすすめスポット
国内旅行ではここがおすすめ!五つ星のおすすめスポットを紹介します。

栃木県芳賀郡益子町/時間無制限でのんびりいちご狩りが楽しめる!益子観光いちご団地

2019/08/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県といえば代表的なフルーツはイチゴですよね。中でもイチゴの品種「とちおとめ」は全国のスーパーなどでも販売されています。小粒で甘いイチゴはスイーツ作りにも人気があるそうです。

そんな栃木のいちごを目いっぱい食べられるのが、いちご狩りです。いちご狩りには心惹かれるけれど、栃木県でやる必要があるのかな?と思ってしまう方も多いはず。私や地元の人間からすると、栃木県のいちご狩りはしっかりと場所を選べば、十分に価値があります。

おすすめしたいのが、益子町にある「益子観光いちご団地」です。何とも不思議な名前のスポットですが、なんと100棟ものいちごハウスを11軒の農家が管理している、まさにいちごたちが暮らす団地のような場所。とにかく見渡す限りのいちごハウスで、北関東では最大規模のいちご狩りが楽しめます。

そして、益子観光いちご団地の最大の魅力は時間制限がないところ。通常のいちご狩りは1時間などきっちりと時間が決まっていますが、益子観光いちご団地は心行くまで楽しめます。途中でお腹がいっぱいになったら休むなど、元を取ろうと一生懸命になる必要がないので、のんびりマイペースに美味しいいちごを楽しめます。小さなお子さんも時間に追われることなく自分で収穫し、食べるといった経験ができると思います。

とにかくいちごハウスの数が多く、混雑時でも圧迫感はありません。私は以前土日に行ったときも入場者数はそこそこいたのですが、実際にいちごハウスに入ると人もまばらで、心行くまで摘み立ていちごを堪能できました。農家の方がいちごの成長具合によって人の流れを調節しているので、せっかく入場料を払ったのに赤いいちごがなかった!なんてこともないそうです。いつでもハウスの中には食べごろの真っ赤ないちごがたくさん!

また、いちごのシーズンはだいたい12月から5月中頃までなのですが、その間で休むのは1月1日だけというスケジュールも魅力です。私の知り合いは1月2日に初詣をし、そのあとにいちご狩りを楽しんだそうですよ。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO