TOEIC800点以上取る方法
TOEIC800点の英語力、受験英語とTOEICの違い、リスニング勉強法、リーディング勉強法、単語勉強法、英文法勉強法、おすすめTOEIC対策など、TOEIC800点以上取るにはどうすれば良いのかを紹介します。

単語勉強法

2019/01/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICの勉強において、単語練習はとても重要です。ボキャブラリーがどれだけあるかがリーディングにおいてもベースとなります。英単語力がなければ、いくら英文法がきちんとできていても、リーディングは解きにくくなってしまうでしょう。私がTOEIC対策で一番成功したのは単語勉強法だと思っています。単語力のおかげで語彙力がついただけではなく、英語力が全体的にスキルアップした気がします。それではその秘訣についてこっそり教えちゃいましょう!

まずは1冊コレ!という単語帳を用意する
最終的にはご自分の好みで選んでいいのですが、1冊英単語帳を用意してください。一冊だけでいいので、何冊も買おうと欲張らなくても平気です。結局単語帳といっても、どんな単語帳を選んだかで勝負が決まるわけではなく、一冊をどれだけ多く繰り返し勉強したかで差がついてきます。最終的にはどんな単語帳でも自分の勉強法次第で成功も失敗も決まってくるので、この単語帳を選べば絶対大丈夫!というものはありません。何度も解いて使いこむ事を前提に単語帳を選んでみましょう。

自分のレベルよりに合った単語帳を選ぶ
自分には単語力がない…と自覚している人ほど、難しい単語帳を選んでグンと単語力を伸ばそうとしてしまいがちですが、これは逆効果になります。難しい上に分厚い単語帳なんて選んでしまったら、最初はいいものの、だんだんやる気がうせてきてしまいます。そのため、自分のレベルと同等レベルか、ちょっと下でもいいので自分が簡単だなぁと感じるくらいの単語帳を選びましょう。ただしレベルを下げ過ぎてしまうと簡単すぎてしまうので、知っている単語ばかりであまり勉強になりません。レベル選びは慎重に行ってくださいね。知らない単語ばかりでは歯がたたないですが、適度に知らない単語が入っている程度であれば、とても良い単語勉強になります。

薄めで例文が易しいものを選ぶ
単語帳を選ぶ時、意外と重要なのが、薄めで例文が簡単なものを選ぶことです。例文が易しいな〜と感じるものを選び、最終的にはその例文を暗記してしまうくらいまで繰り返し勉強してみるといいです。私はそうやって単語力をつけていきました。

自分の好みに合うものを選ぶ
パッケージやレイアウトなどを見て、自分のやる気が感化されるようなものを選ぶと長く単語勉強が続けられます。

関連記事
ライタープロフィール

レイさん/女性/年齢:30代/東京都在住/3度の飯よりコーヒーが好き。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO