TOEIC800点以上取る方法
TOEIC800点の英語力、受験英語とTOEICの違い、リスニング勉強法、リーディング勉強法、単語勉強法、英文法勉強法、おすすめTOEIC対策など、TOEIC800点以上取るにはどうすれば良いのかを紹介します。

リーディング勉強法

2019/01/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICでリーディングセクションが苦手な人は多いでしょう。私も今でもリーディングが苦手です。TOEICは長いようで短い時間配分なので、リーディングセクションで意味のわからない単語や文章に出くわすと一気に気持ちが焦って集中できなくなってしまいます。しかしリーディングセクションは実はリスニングよりもスコアが高い部分なので、言ってみればリスニングよりも重点的に学んでおく必要があります。それでは、リーディングセクションの効果的な学び方とはどのようなものなのでしょうか。

私がやったリーディング勉強法
英語の中でもリーディングが一番苦手だった私は、難しい練習問題にばかり取り組むのは嫌だったので、毎回新たなリーディング問題に取り組むよりも、同じ問題をひたすら解くようにしました。公式過去問題集のリーディング問題をひたすら解くのでももちろんいいですが、私は公式問題集ではなく、書店で市販されている模擬問題集のようなものを使っていました。5年分くらい収録されている公式問題集でもいいのですが、量が多いとリピートするのも大変ですし、私にはそのキャパがなかったので…。リーディングが苦手な人は、自分がやる気をなくさないような、軽めで簡単な問題集をご利用してみるのがいいと思います。あまりハードルをあげない方がいいです。繰り返し解くといっても、問題や質問を覚えてきてしまうと思うので、5回くらいでも十分でしょう。繰り返すことで問題のパターンが頭の中で定着してきます。これがTOEICのリーディング勉強法として効果的なのです。

試験前日にひと通りリーディング模擬問題を解く
TOEIC一か月前からリーディング問題を繰り返し解いておくのももちろんいいのですが、大事なのは前日には必ず総復習することです。ひと通り全部のリーディング問題を解いてみましょう。(公式問題集でもいいですし、市販されている問題集でもいいです)過去に解いた事のあるリーディング問題を再度解き直してみると、ご自分の弱点もよくわかるようになります。その原因を分析していき、再度トレーニングする事によって、完成度が上がり、英語力も向上していくのです。ただし当然ですが、通読トレーニングしまくった模擬問題集は、英文や問題を覚えてしまっているので、解くスピードも自然と速くなりますし、考える、読み込むといった作業も少なくなります。もしも余裕があるのであれば、新たなリーディング問題に取り組むのもいいでしょう。

関連記事
ライタープロフィール

レイさん/女性/年齢:30代/東京都在住/3度の飯よりコーヒーが好き。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO