観光英語検定2級に合格する方法
「TOEICと観光英語検定2級の違い」「観光英語検定2級単語勉強法」「おすすめ観光英語検定2級対策」「おすすめ観光英語検定2級参考書」「苦労したところ」など観光英語検定2級に合格する方法を紹介します。

おすすめ観光英語検定2級参考書

2018/12/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光英語検定試験では、短文の問題の他、並べ替えや文章問題があります。観光英語検定とあり、レストランやツアー、飛行機などに関する問題も多いのです。リスニング問題は2回繰り返して流してくれるという事もあり、TEOICや英検と比較してみると易しいでしょう。聞きとりやすい話し方なので、比較的長文でも十分理解しやすいです。

使ってみるといい参考書とは
・観光英検2級の過去問題 第20〜22回(CD付) 三修社
・観光英語検定試験 問題と解説 2級 (CD付) 研究社
・新・観光英検2級の過去問題
平成14年〜平成16年に行われた観光英検2級試験と、過去の観光英語検定に出題された重要単語を学べる練習問題を収録しています。過去問をみっちりやっておけばかなり得点率は上がります。こちらの参考書の巻末にはリスニング試験問題のスクリプトを収録していて、参考として第14回の1級の問題も収録しています。 観光英語検定においては過去問も発売されています。試験会場においても過去3年間分の問題・解答が掲載されているので、試験の概要も把握できるでしょう。過去1年分やってみるだけでも、試験の流れもわかってきて傾向もだんだんとつかめてくるでしょう。

繰り返し解く事で慣れてくる
観光英語検定を初めて受ける人であれば、過去問をいきなりやってみると難しく感じてしまう事もありますが、繰り返し解いているうちにだんだんと慣れてきます。最初は過去問が難しく感じても、一回解いてみてできなかったところの解説を読んで納得、再度チャレンジしてみると効果も上がってくるでしょう。繰り返し解いていく事でだんだん慣れてくるので、最初は難しく感じてしまったとしても大丈夫です。

観光英語に慣れる
観光英検なので、TOEICなどで出てくるビジネス英語を学ぶよりも、観光に特化した英語に触れて学んでいく事が大切です。例えばsightseeing、tourismなどの単語は観光英語の基本ですよね。普段から観光関連のトピックが好きな方であれば尚更いいでしょう。 あくまで軸を「観光」においてみるといいです。

関連記事
ライタープロフィール

レイさん/女性/年齢:30代/東京都在住/3度の飯よりコーヒーが好き。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO