観光英語検定2級に合格する方法
「TOEICと観光英語検定2級の違い」「観光英語検定2級単語勉強法」「おすすめ観光英語検定2級対策」「おすすめ観光英語検定2級参考書」「苦労したところ」など観光英語検定2級に合格する方法を紹介します。

観光英語検定2級合格はどのくらい英語ができるのか。

2018/11/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光英語検定には1〜3級までありますが、仕事で役立つレベルとしては2級以上の取得がおすすめです。

観光英語検定ってどんな試験?その概要について
観光英語検定は旅行業者や観光、レストランやホテル、職場で働く人、海外旅行をする人の英語力を上げるために行われている検定試験です。最近は日本に訪れる外国人観光客も増えてきていて、観光業では特に英語力が求められています。観光英語検定といっても、英検で証明されるような一般的な英会話能力に加え、観光に用いられる専門用語や独特な言い回しを習得できる事を証明できる資格です。日本から海外へ出かける旅行者や、日本へ観光や仕事で訪れる外国人を相手に、英語でサポートできる人材を育成していくのが、この観光検定の主な目的です。

観光英語検定が生きる場所とは?
観光英語検定で証明できるスキルは、国際観光業界のほぼ全域に渡って役立ちます。この業界への就職や転職に大きな武器となるでしょう。単に英語力があるだけでなく、業界用語などの特別な英語にも通じている事は、就業してからの教育は必要なく、即戦力となる人材だとみなされるでしょう。職場はホテルや旅行会社、空港やターミナル、交通機関、レストランなどなど多岐に渡っていて、まさにグローバルな活躍が期待できます。

最近では国内向けサービスにおいても、観光英語の必要性が注目されつつあります。デパートや商業施設、銀行などでも有利となる資格です。反対に言えば、海外での就職においては、外国の日本向けサービスなどで活用できるでしょう。

こんな人が観光英語検定に向いている!
ある程度英語力を持っていて、海外旅行好きであれば間違いなく最適な英語資格となるでしょう。英語に自信がなくても、旅行好きであればそれに関連する英語を学習するのはさほど苦になりません。仕事にはどんな職種であれ、外国人の方とのコミュニケーションが多くなるので、習慣や文化の違いに対する忍耐力や寛容さ、プロとして求められる素養がつけられるでしょう。旅行先の海外でのトラブルに対応するためにも、素早い判断力や臨機応変な観光英語表現が求められてきます。

関連記事
ライタープロフィール

レイさん/女性/年齢:30代/東京都在住/3度の飯よりコーヒーが好き。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO