英検準1級に合格する方法
英検準1級とはどんな試験なのか?英検準1級に合格した体験から合格する方法を紹介します。

英文法勉強法

2018/10/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法が苦手な方や怠け者体質でなかなか文法を学習する気が起こらない方にとっては、やはり英文法の勉強は手こずってしまうものですよね。文法をやっているとイライラしてくるという方もいます。しかし英検準1級では、英文法をわかっていないとなかなかリーディング問題も解きにくくなってしまうでしょう。英文法は独学でも十分学べるものですが、正しいテキストややり方が必要です。

英文法を学ぶ時の心得
英文法を学ぶ時にはそれなりに心得ておかなければいけない事があります。
・一冊の問題集を繰り返し攻略する
・英文は暗記しない(ルールは暗記してもいい)
・品詞を理解する
・1分野ずつ学ぶ
・問題集は解説が丁寧なものを使う

文法のテキストには様々な例文も出ていますが、その例文をそのまま覚えるのはおすすめできません。例文を読むのはいいですが、丸暗記する必要はないでしょう。それよりも英文法で大切なのは、文法のルールを暗記する事です。例えば主語+述語というルールがあればその並びをマスターする事です。ここで英単語まで覚えようとしなくても大丈夫でしょう。個人的に一番英文法で紛らわしいというか覚えるのが大変だと思うのは「時制」です。特にif、wereの仮定のところはよく出るので、しっかりマスターしておいた方がいいでしょう。時制は中学・高校で学ぶ範囲でもありますが、意外と大人になってもできていない人や知らない人が多いです。英文法のテキストを使って自分の弱点をしっかり習得しておきましょう。

終わりに…
英検準1級を取得するのは夢ではありません。英検準1級を持っていれば学生に英語が教えられるレベルですし、TOEICでいったら800点越えです。しかし英検準1級を取得するには、やはり英文法がわからなければリーディング問題を的確に読み進める事はできないので、テキスト1冊をじっくりと学ぶといいでしょう。英文法がわかればリーディング問題を読み解くスピードも上がってきます。

関連記事
ライタープロフィール

レイさん/女性/年齢:30代/東京都在住/3度の飯よりコーヒーが好き。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO