自己紹介で使える一言英会話
「知らなかった??初めましての表現」「時間があるときは何して過ごす?」「第一印象を決定づける握手」「自己紹介での第一印象はこれでも決まる!」「自己紹介でこれは定番!役立つ一言」「必ず役立つ!職業の紹介」など自己紹介で使える一言英会話を紹介します。

クラスルームで初めまして!

2017/04/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『自己紹介で使える一言英会話』をチェックしていきたいと思います。

初めて会う人に、自分を知ってもらう為にする自己紹介は、とっても肝心ですね。初めの第一印象を良くするためにも、英語で自信をもって言えたらいいですよね。

今日の一言では、学生のためのクラスルームで使える一言自己紹介を見ていきたいと思います。

それでは、早速チェックしていきましょう!

A: Hi, I'm Sachiko. I major in Theatre Arts. I am interested in learning more about American film history.(こんにちは、私は幸子です。劇場芸術を専攻しています。アメリカの映画史に関してもっと学びたいと思っています。)

自己紹介ですから、まず名前を伝えますね。よくMy name is...が使われますが、クラスルームのようにカジュアルな場面では、I'm○○で表現するのが親しみやすくいいかと思います。

また、クラス内での自己紹介では、例文のようにまずは自分の専攻から述べると、聞いている人が興味を持ちやすく、共通の友人を作りやすいかと思います。専攻を述べるときには、I major in〜. という様に、major「専攻」を説明しましょう。

I major in Computer science. (コンピューターサイエンスを専攻しています。)

I major in American histry. (アメリカ史を専攻しています。)

I major in Music. (音楽を専攻しています。)

I major in Child Phycology.(児童心理学を専攻しています。)

このように、ご自分の専攻を説明したうえで、中でもどんなことに興味があるのかを、I'm interested in〜「〜に興味があります。」という言い方で伝えると良いかと思います。意味は同じですが、このように言うこともできますよ。

One of my interests is learning about the Stanislavskii system.(私が興味あることの一つは、スタニスラフスキーシステムに関して学ぶことです。)

もちろん、興味があることが二つ以上ある場合には、動詞を複数形にする必要がありますよ。

My interests are learning about the Stanislavskii system and American film history.

他にも、こんな風に言ってみるといいですね。

I'd like to learn about the Stanislavskii system. (スタニスラフスキーシステムに関して学びたいです。)

learnではなく、study を使って表現してもいいかと思います。studyのほうが「研究する」という意味がありますね。

ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

それでは、今日も良い一日をお過ごしください。

You guys have a great day!

関連記事
ライタープロフィール

シャイロさん/女性/年齢:20代/カリフォルニア在住/日本・アメリカで舞踊家として活躍。伝統芸能伝承を目標に子供達のためのワークショップに努める傍ら、趣味でモデルやライター活動もしています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO