パナマってどんな所?
「パナマシティで泊まるなら、オスタル・シリリ」「パナマシティのバス完全攻略法」「旅行に適した服装」「パナマの通貨と物価感覚とは?」「パナマの食事情とは?」「パナマの地ビールとはどんなもの?」などパナマについてを紹介します。

パナマシティで泊まるなら、オスタル・シリリ

2017/07/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オスタル・シリリ

オスタル・シリリ

パナマシティは宿泊費が高いことで知られています。中米の中では裕福な国の首都ですし、ビジネスマンも多い街なので、高級ホテルがたくさんあります。またリーズナブルなはずのホステルでも、観光客が長居せずにさっさとビーチやジャングルに行ってしまうので、短期滞在者料金なのか、他の中米地域よりも割高な印象がありました。

例えばインターネットでホステルを探していると、ドミトリーベッドで一泊15ドル、シングルルームは30ドルと、物価水準を考えるとびっくりする値段です。わたしは部屋で働くため、シングルルームを探していたのですが、あまりの値段に諦めて、ネットで評判がいいホステルのドミトリーベッドを探すことにしました。

Tripadvisorでパナマシティのホステルを検索していると、オスタル・シリリというホステルの評判がいいことが分かりました。場所も新市街のど真ん中で、買い物や観光に動き回るのに便利な立地です。そこでHostelbookersというホステル予約サイトで予約して現地に向かいました。

こちらはドミトリーベッドで1泊15ドル。タオルが別料金で3ドルと高額なので、自分のタオルを使いましょう。ランドリーサービスもあります。

オーナーのスペイン人、パブロはまだ20代中盤の陽気なお兄ちゃん。奥さんのヴィッキーはパナマ人で、まだ二十歳。2013年11月当時は基本的に2人だけですべてを切り盛りしているということで大変そうでしたが、まったく事務的なところがなく、とてもフレンドリーな2人です。とても親日家です。

場所はちょっと分かりにくいのですが、大都会の真ん中とは思えないほど静かなロケーションです。元タイ大使館をパブロが買い取り、ホステルに改装したとのこと。敷地内には大きなプールがあり、宿泊客はもちろん使い放題です。夜9時から朝9時までエアコンを入れてくれるので、蒸し暑くて寝苦しいパナマの夜でも安心です。

最大定員25人に対して、バスルームが3つと少ないのが難点ですが、シャワーはたっぷりお湯も出て快適です。(暑いパナマではお湯は必要ない、という意見もありますが…)またセルフサービスの朝食込みで、ホットケーキやカップ麺を自分で作って食べられます。「アジア人は絶対カップ麺に反応するよね」とヴィッキーに笑われました。

パナマシティで便利に動き回りたい人には、特におすすめのホテルです。

関連記事
ライタープロフィール

そま ちひろさん/女性/年齢:30代/中南米(2013年現在)/フリーライターおよび翻訳業。お気に入りの国はインド、住んでみたい国はスペイン、そして現在は南米を縦横断中、という矛盾だらけの人生を満喫しています。著作に「ヘラクレイトスの水」(大宰治賞2009収録)。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO