東京都大田区ってどんなところ?
「世界一美味しいビビンバ」「小さな中華街」「有名スポット池上本門寺」「銭湯の街」「焼き鯖すし」など大田区の魅力を紹介します。

大田区イチの有名スポット「池上本門寺」その2

2020/07/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

○いよいよ池上本門寺と言えば!の大堂へ
仁王門をくぐると目に入るのが大堂。宝形造と呼ばれる特徴的な大きな屋根を持つ姿が有名です。朱色の柱が美しく、ここでは厄除けや縁結びなどの祈願、供養が行われています。大堂の手前には総合案内所があり、お守りなどはここで買うことができます。池上本門寺で売られているお守りは可愛らしい物が多いのが特徴。お正月の時期限定の「福鳩守」は、止まり木に小さな白い鳩が乗っていてその鳩がお守りを加えているという、とても可愛らしいお守り。家に置いても素敵なオブジェになるような素敵なものです。可愛すぎて、次の年のお炊き上げに持って行きたくなくなるほどですよ。

○お寺グルメはハズせない「お休み処」
やはりお寺に来たらお蕎麦や甘味なども楽しみたいもの。そんな私のような食いしん坊な人のために、池上本門寺にもグルメが楽しめる場所がきちんと用意されています。お休み処とはいえメニューは、お蕎麦、うどん、丼物、甘味、セットものなど充実しています。おすすめはお蕎麦…はもちろんですが、美味しいのは当たり前。ここではかき氷をぜひおすすめしたいです!わざわざビックリマークまで付けてしまうほどの美味しさなんですよ。上にかかるシロップはいちごやブルーハワイなどいたって普通のラインアップですが、氷そのものがふんわりしていて口どけがとっても優しい。冷たい刺激が程よく広がる氷です。ただ冷凍庫で水を凍らせただけの氷ではなく、きちんとした氷を使っているような食感です。暑い夏に96段の石段を登り、汗だくになったところでこのお休み処かき氷は最高のご馳走です。

池上本門寺は五重塔や大堂だけでなく、可愛いお守りや美味しいメニューがたくさんのお休み処など魅力がいっぱいの場所。大堂の奥には松涛園という立派な庭園もあります。この庭園は一般公開される期間が限られているので、この期間に合わせて行くのもおすすめです。大田区にいながら、大都会の喧騒と対極にある静けさをぜひ体験してみてください。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO