スウェーデンってどんな所?
「スウェーデン料理」「夏のスウェーデン」「スウェーデンの物価」「お人好しなスウェーデン人」「スウェーデンの移民問題」などスウェーデンについてを紹介します。

スウェーデン産チーズの味

2013/12/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデンで感動したのはスウェーデンチーズの味です。おじゃました友人宅では「Prast」というスウェーデンのチーズが毎朝朝食に出て来ました。このチーズはスウェーデンでは定番のようです。これをハムやサラダと一緒にサンドイッチにのせて食べるのも美味しいのです。 スウェーデン人は朝昼晩...と言って良いくらいチーズをたくさん食べます。

スウェーデンチーズ「Prast」はクセのある強めの味がしますが、ミルキー感もあるので食べやすいです。スウェーデン土産にスウェーデンチーズは喜ばれますよ。

スウェーデン人はチーズの味にこだわるためか、はたまた伝統だからか、大きな固まりのチーズを購入します。そのため一人暮らしだとチーズを食べきれずに数日で悪くなってしまう場合も。開封後の保存状態を良くして、味と風味を保ち長く持たせるためには工夫が必要です。

ドイツではスライスチーズも人気なのですが、スウェーデンの家庭の多くはチーズ・スライサーを使って自分で固まりのチーズをスライスするようです。そのほうが乾燥もしにくく、チーズを新鮮に保つ事ができるのです。スライサーはなめらかではないチーズだと上手くスライスできずチーズがぼろぼろこぼれてしまいます。チーズを切ったり、スライスするのって、けっこう力が要る作業です。

スウェーデンのスーパーで驚いたのはチーズをはじめとした乳製品のコーナーの規模が大きかったことですね。ドイツのスーパーの乳製品コーナーの三倍のスペースはあったかと思います。それだけ乳製品を取り扱うブランドも多く、商品の種類も多いのです。スウェーデン人にとって乳製品は食の基本中の基本なのです。

スウェーデンではチーズを保存しておくのにチーズドーム(cheese dome)を使います。この中にチーズを入れ乾燥を防ぎます。スウェーデンブランドの可愛いチーズドームが売っているので旅行の際にはチェックしてみましょう。

関連記事
ライタープロフィール

MIKIさん/女性/年齢:20代/ベルリン在住/海外旅行が趣味で南国に語学留学をしました。世界各地に滞在しアーティスト、ライターとして活動しています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO