スウェーデンってどんな所?
「スウェーデン料理」「夏のスウェーデン」「スウェーデンの物価」「お人好しなスウェーデン人」「スウェーデンの移民問題」などスウェーデンについてを紹介します。

スウェーデンの物価

2013/12/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデン旅行は何かとお金がかかります。

日本の物価も世界の人に驚かれますが、質にこだわらなければ日本旅行は安く済ませることができると思います。お寿司も天丼も牛丼もファストフードを選べば安くすませることができますよね。旅行者にとってコンビニも強い味方です。しかしスウェーデンだとなかなかそのようにはいきません。

例えば安いファストフード類でさえも割高なのです。インビスで買えるハンバーガーやホットドックが千円弱してしまいます。ファストフードでこれなのですから、しゃれたレストランはこの何倍もします。しかし節約のためとはいえ、せっかくスウェーデンに来て本格的なスウェーデン料理を食べて帰らないのも残念な気がします。

ハンバーガーやホットドックなどファストフードばかりではなく、地元のレストランに行ってみたり、ストックホルムの市内観光ばかりではなくストックホルム・アーキペラゴのクルーズに参加してみたり、旅を満足いくものにしようとすると多少の出費は覚悟しなければなりません。スウェーデン旅行をより楽しむためにはお金が必要です。

スウェーデンは社会保障制度が充実している国です。スウェーデンの税金は高いので物価が高いのも仕方がありません。しかし旅行者にとっては高いばかりで都合は良くありませんね。スウェーデンをはじめとする北欧諸国は物価が高いので、旅行する場合には滞在費がかかります。食費に宿泊費に移動費....どれもばかになりません。

しゃれたレストランにでも行こうものなら、万単位でお金が飛んで行くことも。飲みに行く場合にも一緒です。ストックホルム内のバーのビールは一杯が千円前後です。スウェーデン人でさえ節約して家で飲むように心がけているようです。スウェーデン人は量を飲むので毎週末バーに通ってハメをはずせば、収入のあるスウェーデン人でも破産してしまいます。

スウェーデン旅行をするのなら多少の出費はあらかじめ覚悟しておきましょう。

関連記事
ライタープロフィール

MIKIさん/女性/年齢:20代/ベルリン在住/海外旅行が趣味で南国に語学留学をしました。世界各地に滞在しアーティスト、ライターとして活動しています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO