国内のおすすめスポット
国内旅行ではここがおすすめ!五つ星のおすすめスポットを紹介します。

群馬県高崎市/いつの間にか群馬の定番土産に!工場見学もできるガトーフェスタハラダ

2019/05/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在アラサー、群馬県出身。地元には20歳くらいまで住んでいたのですが、上京して10年近く経ってから取引先の女性から「群馬と言えばガトーフェスタハラダですね」と言われました。私の頭の中では「ガトーフェスタハラダ?はて?」といったところだったのですが、ここ10年ほどで群馬県の定番土産の地位を確立したようです。

「ガトーフェスタハラダ」は群馬県にある焼き菓子のメーカー。ヒット商品は「グーテ・デ・ロワ」でフランスパンのラスク(ガトーラスク)です。その後に知り合いから「グーテ・デ・ロワ」をいただく機会があり、こんなに美味しいラスクがあったのかと感動しました。

そんなガトーフェスタハラダですが、群馬県高崎市にある製造工場では見学が可能。事前申込制で、工場が稼働している月〜土に行かなくてはいけないというなかなか難しいスケジュール。しかし、偶然平日に連休を取って群馬県に帰省しているとき、平日休みの友達から彼氏にキャンセルされたから行こう!と声をかけてもらい、行ってきました。

まずガトーフェスタハラダの工場の第一印象は、ギリシャか何かの建物?でした。白く立派な柱のある西洋風の建物で、とても工場とは思えません。そしてここがまさか群馬県とも思えません。

入ると甘い良い匂いがして、早速お菓子が食べたくなります。みんなそうだからでしょうか?入館してすぐに出来立てのグーテ・デ・ロワのプレゼントをもらい、無料のカフェスペースでいただくことができます。

そして実際の工場見学。オートメーション化された工場内は広くて清潔です。最後にパッケージされて出てくる工程はずっと見ていられるなと思いました。途中でオーブンに入れる前のフランスパンをバーナーでキャラメリゼした見学者限定の試食もあります。サクサクではないグーテ・デ・ロワを食べられるのはここだけだそうですよ。

見学のあとはお買い物タイム。当然、ガトーフェスタハラダの商品が並んでいるのですが、おすすめなのが割れたグーテ・デ・ロワ。だいたい20枚くらい入って500円以下とお手頃価格。

無料で試食もできて工場見学もできるガトーフェスタハラダ。平日に群馬旅行をする際にはぜひ予約をしてみてくださいね。

余談にはなりますが新宿駅を利用する際、京王百貨店のデパ地下付近を通ることがあります。そのときにガトーフェスタハラダに行列があると、「私の出身地の銘菓なんだぞ」と少し誇らしい気持ちになります。知らなかったくせに(笑)

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO