奄美大島ってどんなところ?
「奄美大島の食べ物」「奄美観光ハブセンター」「奄美大島のビーチ」「カヌー体験」「奄美大島の交通事情」など奄美大島の魅力を紹介します。

まるでジャングル♪カヌー体験ができる「黒潮の森 マングローブパーク」

2020/03/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奄美大島に10泊11日の中期滞在をしていたときのことです。このときは旅のコンセプトを「とにかくゆっくり過ごす」にしていたのでアクティビティのことは一切考えていなかったのですが、長くなると少し遠出がしたくなる。せっかくだから新しいこともしてみたいなーと思い立ち、インターネットで検索してたどりついたのが「黒潮の森 マングローブパーク」でした。こちらの施設はマングローブの原生林が生い茂る公園と隣接しています。

正直、マングローブに対しては特に思い入れもなく。南国で生息している木といったイメージだったのですが、行ってみるとなかなか良かったです。

まず、「黒潮の森 マングローブパーク」は道の駅なので、マングローブが生息する原生林を遠くに眺めながら食事や休憩を取ることができます。有料ゾーンと無料ゾーンに分かれており、有料ゾーンには美しく整備された公園があります。もちろんシーズンにもよりますが有料ゾーンは大混雑することは少ないそうなので、ゆっくりしたい方はそちらをおすすめしたいです。

「黒潮の森 マングローブパーク」でできることと言えば、カヌー探検!一人または二人乗りのカヌーに乗って、マングローブの原生林を探検することができます。私はカヌー初体験だったのですが、安定性のあるものを使用しているそうで、簡単に漕ぎ出すことができました。子どももOKだそうです。

そしていざカヌー探検!まるでジャングルのようにい生い茂るマングローブの原生林の中をカヌーでゆっくり進んでいくのは非日常的でおもしろかったです。潮の満ち引きによってマングローブの根本が見えたり、カニなど生息している生き物に会えたりするそうなので、時間を変えて乗ってみると面白いそうです。カヌー探検で必要なものは日焼け止めクリームといった個人的なもの以外はすべて貸してくれるので、気軽に利用できるのも良かったです。

同施設内にはマングローブの原生林を上から一望できる展望台も完備されていて、食事もできるので長時間滞在できました。

関連記事
ライタープロフィール

えのきさん/女性/年齢:30代/東京都在住/限りなくブラックに近いグレーな会社で激務を5年間経験。その後、自由を求めてフリーランスとして独立。現在は元気すぎる娘に手を焼く日々。趣味は一人旅と野球観戦とアニメと漫画。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO