上手くいく英語面接の受け方
ビッキーさんの経験から得た上手くいく英語面接の受け方を紹介します。

英語面接に役立つ表現

2011/01/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語面接において最初と最後の挨拶表現や意思表示のしかた、質問するときの表現などはほぼ毎回使うことになります。そこでこれらについてある程度決まった表現を知っておくと面接の場でも慌てずにすみます。以下に英語面接に役立つ表現をまとめてみますので参考にしてみてください。

1.最初の挨拶
面接での第一声になるとても重要な挨拶です。そこで次のようなフレーズを覚えておくと良いでしょう。
・My name is Taro Suzuki. How do you do?(鈴木太郎と申します。はじめまして)
・I'm Taro Suzuki. Nice to meet you.(私は鈴木太郎です。はじめまして)
※How do you do?(はじめまして)はかしこまった表現、Nice to meet you(お会いできて光栄です)はややカジュアルな表現です。

2.意思表示の表現
意思表示は「失礼の無い言い方ではっきりと」が鉄則です。Yes, Noを明確に伝えましょう。

○同意するとき
・I agree with you(同感です)
・I think so, too(私もそう思います)

○否定するとき
・I don't think so.(そうは思いません)
・I'm afraid I disagree.(同意しかねます)※より丁寧な表現

○断るとき
・No, thank you.(結構です/できません)
・I'm afraid I can't.(できかねます)※より丁寧な表現

3.質問するとき・聞き返すとき
こちらから質問したいときや相手の説明をもう一度聞きたいときなど、次のような決まり文句を使って尋ねることができます。
・Would you mind if I ask you some questions?(いくつか質問してもよろしいでしょうか)
・I beg your pardon?(もう一度言って頂けますか)
・Could you please explain that again?/Would you say that again?(もう一度説明して頂けますか)

4.最後の挨拶
面接の時間を割いてもらったことと会えたことに感謝の意を表す表現です。
・Thank you for your time. It's nice to have met you.
(お時間を頂きありがとうございました。お会いできて良かったです)

面接で質問にきちんと答えることはもちろん大切ですが、挨拶や意思表示も見られているので気を抜かないようにしましょう。

英語例文 求人に応募する

就職で利用する「求人に応募する 例文」を紹介します。役立つ解説も加えてありますので参考にしてください。

英語例文 面接について

就職で利用する「面接について 例文」を紹介します。役立つ解説も加えてありますので参考にしてください。

関連記事
ライタープロフィール

ビッキーさん/女性/年齢:20代/千葉県在住、TOEIC 915点(リスニング満点取得)。旅行と食べ歩きが趣味のアラサー女性です。日頃はカロリー控えめのヘルシーな料理作りに励んでいます。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO