上手くいく英語面接の受け方
ビッキーさんの経験から得た上手くいく英語面接の受け方を紹介します。

英語面接の下準備〜自己分析・企業分析〜

2011/01/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で面接を受ける前に準備をすべきことがあります。
まずやらなくてはいけないことは自己分析です。これをやらなければ履歴書に自己アピールを書いたり受けようとしている会社の志望動機も書くことができません。自己分析をするにはこれまでの自分自身の行動や生活を振り返ってみる必要があります。自分が過去に行ったことはどのような考えに基づいたものなのか。自分の長所と短所はどんなところか。どのようなことに興味を持っているのか。など思いつくままに書き出してみると良いでしょう。また、部活動やアルバイト、ボランティア活動などの経験があればなぜそれを選んだのか、それらの活動を通して何を感じ、何を得ることができたかといったことも具体的に挙げられるとさらに自分自身のことがよく分かってきます。改めて書き出してみると自分では気付かなかったことも見えてくるものです。さらに自分自身を表すエピソードなどがあればより相手に伝わりやすくなります。例えば、部活動でチームをまとめるとき経験をして得た経験、アルバイトでこんな工夫をしたらお客さんに喜ばれた、など経験に基づいたエピソードによって自分がどんな人物かを伝えることができます。

私の場合、留学から帰国した後の就職活動で英語面接を受けたので留学体験も分析しました。なぜ留学をしようと思ったのか、留学の目的は何か、留学を通して得たことは何かについて振り返りました。企業は語学や専門知識だけではなく、異文化の中で生活したことによる環境適応力や精神力も見ていますのでその点もアピールできるように分析しました。

自己分析によって見出した自分のことが希望する企業に就職できたときどう活かせるか、つまり自分と企業との接点は何かということを面接でアピールすれば良いのです。そのためにはもちろん企業のことについても分析をしておく必要があります。企業の商品やサービス、強みとしている点、どんな仕事をすることになるのかなどは最低限調べておきましょう。

自己分析ができたら次は英文履歴書を用意します。続いて英文履歴書の書き方を紹介します。

英語例文 求人に応募する

就職で利用する「求人に応募する 例文」を紹介します。役立つ解説も加えてありますので参考にしてください。

英語例文 面接について

就職で利用する「面接について 例文」を紹介します。役立つ解説も加えてありますので参考にしてください。

関連記事
ライタープロフィール

ビッキーさん/女性/年齢:20代/千葉県在住、TOEIC 915点(リスニング満点取得)。旅行と食べ歩きが趣味のアラサー女性です。日頃はカロリー控えめのヘルシーな料理作りに励んでいます。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO