岐阜ってどんなところ?
岐阜のおすすめスポット、風習、温泉、お土産、お祭りなど岐阜について紹介します。

ノスタルジー!中津川のお好み焼き「だいじろう」

2019/12/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が岐阜県に住んでいたおよそ1年弱の間、一番行ったお店といえば「だいじろう」です。家のすぐそばにあったというのも理由の一つですが、通い続けた理由はもちろん美味しいから。それにもう一つ、お店の雰囲気がとても好きだったのです。いつ行っても混んでいて週末ともなると待ち時間があったりもするので、私は密かに「中津で一番人気のお店なのかも…」と思っています。

だいじろうはまるで赤提灯のような店名ですが、実はお好み焼き屋さん。元気で親しみやすい店員さんと温かいお店の雰囲気とが相まって、とても良い空気感を出しているお店です。特筆すべきはなんと言ってもお店の外観。昔の駅をコンセプトにしていて、木造駅舎の造りを模した建物になっているんです。再現されている年代は昭和30年ごろ。年輩の人にはとても懐かしく、若い人にとってはまるで映画の世界に入り込んだかのような気分に浸ることができます。

さて料理の話。だいじろうで私が一番好きだったメニューは、オーソドックスなお好み焼きのぶた玉。だいじろうオリジナルのお好み焼きもたくさん食べましたが、やはりこれが一番。でもさすがだいじろう、オーソドックスなお好み焼きとはいえ意外な食べ方をおすすめしています。それは「タルタルソースがけ」。意外でしたか?お好み焼きといえば茶色いソースをかけて食べるのが一般的ですが、だいじろうではそこにプラスしてタルタルソースのトッピングがあるんです。タルタルソースで普通のソースの味がまろやかになって、今までに食べたことのない美味しさ。初めて食べた時には半信半疑でしたが、一度食べてみるとやみつきに。以来だいじろうへ行った時には必ず「タルタルソースがけ」でお好み焼きを注文するようになりました。

現在私は東京で暮らしているので、悲しいことにだいじろうには行けません…。中津川以外には多治見に店舗があるようですが、東京にはなし。東京に進出してくれたら間違いなく常連になるのになぁと思っているのですが、その予定はな今のところなさそうです。だいじろうのあのノスタルジックな雰囲気とタルタルソースのお好み焼きは他のどこにもありません。中津川の人が本当うらやましい限りです。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO