愛知ってどんなところ?
愛知のおすすめスポット、車の聖地、おすすめ旅館など愛知について紹介します。

車好きの聖地「トヨタ博物館」

2019/12/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は昔から車が大好きです。高校生の頃から車雑誌を読み漁り、東京に住むようになってからは東京モーターショー、オートサロンなど車のイベントをたくさん見てきました。この車好きのルーツはおそらく愛知県豊田市生まれの自分の生い立ちにあるのではと思います。やはり豊田市といえばトヨタ自動車。父や姉、周りの人たちも車好きが多かったような気がします。(うちの父など、「トヨタ車に乗らない日本人は非国民だ」とまで言っていました。あくまでも父の言葉なので悪しからず…)。

そんな環境で育った私が結婚した夫も車好きな1人で、結婚後私のふるさとへ行ってみようということになった時、トヨタ博物館にも寄ろうと提案されました。車好きと言っておいてなんですが、私はその時までトヨタ博物館を重要視していませんでした。近くにあり過ぎて行く機会もなく「昔の車が展示してあるだけでしょ」と若干舐めていました。

ところがいざ行ってみると、車が好きって言っておいてなぜ今までここへ来ようと思わなかったのか!?と思わせる貴重な展示の数々。トヨタ2000GTの現物はもちろん、他社の伝説的な車が所狭しと展示されていました。トヨタ博物館という名前では物足りないような、日本自動車博物館や世界の自動車博物館という名前でもいいんじゃないかと思うほどの展示内容。つまりトヨタ車だけでないのはもちろん、日本の有名な自動車会社のみならず世界の有名な自動車会社の車がたくさん展示されているのです。

シトロエン、フォードなど、世界の名だたる自動車会社の名車がピカピカの状態で展示されているのはおそらく日本でここだけ。歴史的価値のある車を目の前に、日本だけでなく世界のモータリゼーションの流れをわかりやすく学ぶことができます。中でもこの博物館の嬉しいところは、車にロープなどの囲いがされていないこと。自動車の歴史を彩ってきた名車の数々を本当に間近に見ることができます。個人的には、博物館と言っても子供よりも大人の方が楽しめる施設かなと思います。

またミュージアムショップも楽しみのひとつ。トヨタの名車をモチーフにしたお土産ものがいっぱいで、車好きにはたまらないトヨタスポーツ800や2000GTの復刻カタログなども売っています。日本の自動車の歴史には欠かすことのできないトヨタ自動車の博物館、ぜひ一度足を運んでみてください。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO