愛知ってどんなところ?
愛知のおすすめスポット、車の聖地、おすすめ旅館など愛知について紹介します。

名古屋市/素のイルカに会える場所、名古屋港水族館

2019/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国に水族館は数あれど、OFFの状態のイルカに会える水族館はそう多くはないと思います。名古屋港水族館へ行くことになったきっかけは、友人がシャチがとても好きだということでした。友人がしょっちゅう行っている、千葉県の鴨川シーワールドにいるシャチの兄弟が名古屋港水族館にいるということで、会いに行くことになったのです。

入館して一番最初の展示がお目当てのシャチでした。巨大な水槽にこれまた大きなシャチが私たちの目の前に!しかも私たちの目の前にしばらく佇んでくれていました。私と友人がじっと見ていると、シャチの方も私たちの方をじっと見てくる…これは面白い体験でした。その後もいろんな魚たちを見ては、またシャチに会いたくなりシャチの展示へ戻るということを何度もしたほどです。

そして館内のレストラン「アリバダ」で食事。こちらのレストラン、何といっても熱帯魚が泳ぐ姿を見ながら食事ができるのが素晴らしいところ。運良く水槽の横の席に案内されたので、たっぷりと可愛らしい熱帯魚を見ることができました。今公式サイトを見てみたら私が行った当時とメニューがだいぶ変わっていて、美味しそうで写真映えしそうなメニュー増えていたのでますますおすすめです。

さて食事も終わりイルカショーなどが行われるフロアへ移動。時間に縛られるのが大嫌いな私たちはショーを見る予定はなかったのですが、外の空気を吸いに散歩がてら行ってみたのです。が、なんの気なしにいったその場所が名古屋港水族館で一番素敵な場所でした。まずイルカたちがスタンバイしたりひと休みしたりするプールがあるのですが、そのプールがとっても近い!手を伸ばせば触れそうな距離にイルカがいて、その横を普通に歩けるのです。あまりに近くにあるので、最初私たちは何もいないだろうとのぞきこんだぐらいでした。そこには飼育員さんもおらず、完全プライベートのイルカがいて悠々と泳いでいます。とてもリラックスしている様子が伝わってくる可愛いイルカの姿を、私たちは飽きることなく眺め続けたのでした。

名古屋港水族館は、シャチも可愛い熱帯魚も可愛いお料理も美味しい。ですが、こんなにそばで素のイルカに会えることこそ一番の売りと言ってもいいのではないかと私は思います。イルカはとても頭がいい動物。名古屋港水族館が近くにあったら、年間パスポートを買って毎日そこへ行きイルカに顔を覚えてもらえるのになぁと悔しく思っています。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO