愛知ってどんなところ?
愛知のおすすめスポット、車の聖地、おすすめ旅館など愛知について紹介します。

デキる大人の愛知土産「ゆかり」

2019/12/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知は名古屋という大都市を有し、東京で働くビジネスマンにとって切っても切れない土地だという人も多いのではないでしょうか。むしろ遊びに行くというより出張や単身赴任など、仕事で行くという人が多いように思います。そんな時、悩みのタネなのがお土産。親しい人に渡すものならそんなに悩む必要もないのですが、いざ仕事関係の人に渡すとなると適当なものというわけにもいきません。そういう場面でおすすめの愛知土産が「ゆかり」です。

「ゆかり」と聞くと、あの赤じそのふりかけを思い浮かべる人も多いと思います。もちろんこちらのゆかりも日本国民なら誰もが好きな食べ物ですが、今回ご紹介するのは愛知の名物「ゆかり」。ゆかりは簡単に言ってしまえば海老せんべいです。でもよくある駄菓子の甘辛い海老せんべいではなく海老のすり身を焼いたもので、名古屋の会社「株式会社坂角総本舗」が製造販売しています。愛知では海老せんべいを名物としてたくさんの種類が販売されていますが、このゆかりは別格。江戸時代から受け継がれた技術で、海老の食感と風味が存分に生かされたせんべいです。

個人的にゆかりの素晴らしさは、パッケージというか包装にも表れていると思います。どんな人にあげても恥ずかしくない高級感のある上品な包装で、色んなシーンに使えるお土産です。そして味の方も文句なし。まさに大切な仕事関係の人へのお土産にピッタリです。さらに最近では「ゆかり黄金缶」という限定パッケージのものも販売されていて、名古屋らしく派手な缶に入ったゆかりもあります。

パッケージについて少し長く書いてしまいましたが、ゆかりの売りはやはり味。焼き上げた時のままのような新鮮な香ばしさと海老の香り、それに小気味良いパリッとした歯ざわりが最高の逸品です。余計な味付けはしていない海の味のような塩気と海老の味が後引くお菓子、それが坂角総本舗の海老せんべいなんです。

私も何度か仕事関係の人に愛知土産をいただく機会がありましたが、それがゆかりだと「お、この人デキるな」とつい思ってしまいます。愛知の名物が数多くある中でこのゆかりを選んだ人は、受け取る側への気遣いに溢れている!と勝手に感じてしまうのです。

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO