愛知ってどんなところ?
愛知のおすすめスポット、車の聖地、おすすめ旅館など愛知について紹介します。

愛知へ行ったらぜひとも蒲郡に寄ろう!

2019/11/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は愛知県豊田市で生まれ7歳までを過ごしました。7歳といえばぎりぎりやっと物心ついたころ。そんな頃までしかいなかったので、私の愛知での思い出は楽しいものばかり。つらいことなど何もなくただ楽しいばかりの土地、それが私が抱いている愛知県のイメージです。そんな私は大人になってからもたびたび愛知へ旅行に行っています。私の中で、楽しいところ=愛知という図式が出来上がっているのでついつい行ってしまうんです。

さて大人になってからの愛知旅行の中で、私が一番印象に残っている場所は「蒲郡市」です。愛知県には名古屋市はもちろん、万博公園のある長久手市や私の生まれ故郷でトヨタの博物館がある豊田市など見どころはたくさんありますが、なぜか蒲郡。愛知へ行くと必ず行きます。その理由の1つが、温泉がたくさんあるということ。蒲郡温泉をはじめ、三谷温泉、西浦温泉、形原温泉があります。どの温泉も景色が良く、海辺の温泉地ということでお料理がとても美味しいんです。私のお気に入りは三河湾でとれた大アサリ。名前の通りとても大きく、これを焼いて醤油を垂らしただけの浜焼きはお酒によく合っていくつでも食べられちゃいます。

蒲郡は温泉の他にも、有名な竹島やラグーナテンボス、蒲郡オレンジパークなど観光スポットがたくさん。その中でも私が蒲郡へ行ったら必ず寄るのがラグーナテンボス。ここは遊園地あり夏はプールあり海産物が買える市場あり…と一日楽しめる複合施設です。中にはフェスティバルマーケットというアウトレットモールもありますが、私のもっぱらのお目当はフェスティバルマーケット内にあるお魚市場と呼ばれるフロア。ここは蒲郡の特産品を扱うお店が軒を連ねていて、新鮮な海産物や果物などが安く手に入るんです。毎回大アサリを買って自宅へ送り、帰ってからも蒲郡の味を楽しむのが私の愛知旅行の定番になっています。

私が大好きな蒲郡のことをつらつらと書いてきましたが、食いしんぼうの私が一番伝えたいのが大アサリの美味しさ。見た目はアサリを大きくしただけのようで、一見すると大味で旨味が少ないのではないかと思われがちです。でもそれは大間違い。一度食べたらあまりの美味しさに大アサリのファンになること間違いなしです。皆さんも蒲郡へ行って、三河湾の美味しい海の幸を堪能してみませんか?

関連記事
ライタープロフィール

李内(りうち)さん/女性/年齢:30代/町田市在住/愛知県生まれ。夫と愛犬の3人暮らしのごくごく普通の主婦。仕事はサービス業。趣味は読書、料理、仕事。犬が大好きで愛犬と過ごす時間が何よりの幸せです。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO