地元の魅力
実はこんな魅力があるんです!地元の人ならではのおすすめを紹介します。

北海道/札幌に来るなら訪れるべき「札幌市時計台」

2018/06/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「JR札幌駅」から徒歩10分、市営地下鉄「大通駅」から徒歩5分という場所に位置する「札幌市時計台」は、午前8時45分から開館している観光スポット。アクセスの良い位置にあるので、ほかの観光スポットに立ち寄る前に訪れるのがおすすめです。大人200円、中学生以下は無料で入館することができます。団体割引も適応されるので、ツアーの行程に組み込まれることも多いです。

「札幌市時計台」は、現在の北海道大学の前身となる「札幌農学校」の演武場として利用されていた建物です。ここには、北海道の歴史がたっぷり詰まっています。歴史情緒あふれる館内は、ガイドスタッフが開拓の経緯を説明してくれます。北海道と言えば「札幌市時計台」が観光スポットの一つにイメージされる方が多いのも、見た目以上に濃密な体験ができる時間を館内で紡ぐことができるからではないでしょうか。

時計台の鐘の音を鳴らすための作業もデモンストレーションを公開しているので必見です。北海道に来たことの思い出を振り返るためにも、「札幌市時計台」前で写真を撮る人も多いです。

修学旅行でも訪れたことがあるという方がいるかもしれませんが、ショッピングを楽しむ前に立ち寄ることができる立地の良さが人気のスポット。「札幌市時計台」で北海道の魅力に触れ、それをきっかけに思い思いの時間を過ごすことができるからこそ、施設の周囲は北海道内外を問わず観光客で賑わいます。写真撮影のスポットとしても人気です。

「札幌市時計台」は音楽イベントを開催する機会が多い施設としても知られています。ホールの利用状況はホームページでも確認できます。一般の方でも利用申し込みができるようになっており、結婚式や音楽会の開催が可能です。丁寧に撮影スポットも教えてもらえますし朝早くから訪れることができるというメリットに惹かれ、比較的早い時間帯に混み合うことが多いです。ちょっとどこかに寄りたいという場合には、「札幌市時計台」が手軽に利用できるのではないでしょうか。

関連記事
ライタープロフィール

けぼんさん/男性/年齢:40代/北海道在住/関東の大学を卒業し、言語聴覚士として地域のリハビリに貢献。一度関東へ戻るも、地元の北海道が恋しくなり再度移住。地元愛が強いからか、北海道各地の食のスポットにも精通。旅行と日本酒が大好きな40代。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO