メキシコシティでアパート探し
「メキシコシティのアパートとは」「アパート情報を得る方法」「アパート内覧で起こったトラブル」「メキシコシティの賃貸相場」などメキシコシティでアパート探しについて紹介します。

アパート情報を得る方法は?

2018/03/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコシティでアパート探しをするにはどうしたらいいのか、最初は検討もつきませんでした。やっぱり口コミかな、と思い、メキシコシティ出身の友人に「貸し出し中のアパート知っていたら教えて」と訪ねて回ったりしましたが、なしのつぶて。でもそのうちの1人が、「こんなページがあるよ」と、メキシコシティのアパート情報が載っているウェブサイトをいくつか紹介してくれました。

Vivanuncios, Olx mexico, Segundamano、Compartodepaといろいろあります。基本的に、個人所有のアパートを貸している人と、不動産会社の情報が混在しています。

面白いのは、こちらではハウスシェアが普通なので、3部屋あるアパートの住人のうち、1人が出て行ったとしたら、残りの住民がルームメイトを募集している点です。「広くて綺麗な部屋、家具付き、光熱費込み、○○ペソ」といった具合です。いわば又貸しなのですが、そのあたりの緩さがメキシコらしくて楽しいです。

それから、ルームメイトを募集するFacebookページもたくさんあります。これはFacebookグループに参加すると、毎日たくさんの人の「ルームメイト募集!」という投稿が閲覧できる仕組みです。個人メッセージで連絡をとり、実際に部屋を見学しに行くことができます。

一番原始的な方法として、住みたいエリアを歩いて回る、というのがあります。空き部屋のあるアパートには「Se renta」(貸し出し中)という看板が下がっており、電話番号も表記されています。番号に直接電話して、内覧の約束をします。

立地や家賃などの条件のいい物件は、インターネットや新聞に掲載されたその日のうちに借り手が決まってしまう、ということが多々あります。実際、公開日付が前日になっている物件に電話して、「もう決まりました」と言われたことが何度あったことか。

3部屋のアパートの借主の友人は、新聞の広告欄で見つけた、とも言っていました。世代が上の大家さんになると、「インターネットなんて信用できない、使い方も分からないし」と言って、古風な新聞広告を好むのだそうです。今どきの若い人は新聞なんてあまり読みませんから、穴場の物件があるそうです。

メキシコシティでのアパート探しは、タイミングと運勝負の厳しい世界なのです。

関連記事
ライタープロフィール

そま ちひろさん/女性/年齢:30代/中南米(2013年現在)/フリーライターおよび翻訳業。お気に入りの国はインド、住んでみたい国はスペイン、そして現在は南米を縦横断中、という矛盾だらけの人生を満喫しています。著作に「ヘラクレイトスの水」(大宰治賞2009収録)。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO