アメリカ旅行記 アリゾナ
アリゾナのパワースポット、ボルテックス巡り、グランドキャニオン、スウェットロッジ体験、インディアンを訪ねる旅などアリゾナの魅力を紹介します。

アメリカン・インディアンの特徴

2013/06/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のアメリカン・インディアンは白人との混血が多くなりました。本来のアメリカン・インディアンの人種はモンゴロイドに分類されます。つまり私達日本人と同じ体の特徴を持っているのです。アメリカン・インディアンの赤ちゃんにも日本人の赤ちゃんと同じように蒙古斑(もうこはん)が出る確立が高いと言われます。

アメリカン・インディアンの精神も日本人のそれと共通点を見出せます。すべてに意味があり自然の中にスピリットが宿っているという発想は古き日本人の自然宗教的な考えと似た部分があるように感じます。長らく白人社会でリスペクトを得られなかったアメリカン・インディアンですが近年のナチュラル思考ブームが続き彼等の自然崇拝の文化が見直されています。アメリカン・インディアンの精神はヒッピーの文化にも大きく影響を与えました。

彼等の他の身体的な特徴として有名なのは赤肌でしょう。アメリカ合衆国北部から北で暮らす部族は褐色の肌を持ちレッド・マン(Red Man)と呼ばれます。彼等は美しく長い黒髪を持ち神聖なものとして大事に伸ばしています。500も部族が存在するアメリカン・インディアンの社会では髪型がどの部族出身であるかを見分ける1つの手段となります。アメリカン・インディアンの若者達はアイディンティティを取り戻す運動として髪の毛をまた伸ばし始めるようになりました。

アメリカの合衆国には多くの先住民族が存在しますが大まかに分けて3グループに分けられます。「インディアン」「エスキモー・アレウト」「メティ」です。しかしインディアンの中でだけでも500を超える部族が存在しインディアンの中でも身なりや風習などに大きな違いが見られます。部族によって様々な言葉を話すことからインディアンは元々他の土地から移って来たと考えられています。

ネイティブ・インディアンの美しい民族衣装や哲学的でもあるその精神は現代になっても廃れることはありません。悲惨な歴史を超えた今彼等の精神が見直されています。

関連記事
ライタープロフィール

MIKIさん/女性/年齢:20代/ベルリン在住/海外旅行が趣味で南国に語学留学をしました。世界各地に滞在しアーティスト、ライターとして活動しています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO