みんなの五つ星グルメ
これぞ美味!みんなが見つけたとっておきのグルメを紹介します。

夜うどんの名店「鶴丸」で気軽に讃岐うどん:香川県高松市

2014/05/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブームがひと段落した感もありますが、それでもやっぱり美味しい讃岐うどん。他の県のうどんには見られないどっしりしたコシのある麺、いわゆる「いりこ出汁」と呼ばれる、小魚からとる澄んだ出汁は、初めて食べると素直に衝撃を受けること間違いなし。

ところで雑誌などで紹介されるうどんの名店は、早朝開店し(朝ご飯に食べる人のため)、午後早めに閉店、というお店ばかりです。おそらくうどんがスナック的な感覚で食べられていること、家族経営のお店が多いので夜間営業が難しいこと、などが理由でしょう。

しかも人気の名店は高松市から遠く離れた場所に位置していることが多く、公共交通機関が便利とは言えない香川県では車がないと上手く動き回ることができません。

休暇を利用してレンタカーでうどん店めぐりをする場合はそれでもいいのですが、例えば仕事で高松市に出張するから、ついでに名物のうどんを食べてみたいな、という場合などはハードルが上がってしまいます。でもやっぱり本場の美味しい讃岐うどん、食べたいですよね。

そこでおすすめなのが、讃岐うどん専門店では異色の夜20時から営業している「鶴丸」。高松市の目抜き通り「ライオン通り」に程近い抜群の立地。これなら、仕事終わりや、夜遅く高松に着いて、早速美味しいうどんが食べたいな、というときにも便利です。

うどん自体は、とてもバランスがいい仕上がりです。しっかり角の立った、つるつるながらコシのある麺。いりこがふわっと香るのにクセのない出汁。こちらではカレーうどんが有名なようなのですが、個人的にはシンプルにぶっかけ(生醤油もしくは出し醤油と、大根おろし、すだちを茹でたての麺にかける)か、かけうどんで食べていただきたいです。

そしてこちらのお店では、うどんと同じ出汁を利用したおでんも絶品です。ひとつ300円とちょっと値が張るのですが、とろとろとろける豆腐は一食の価値あり。練り物は100円と良心的な値段なので、気軽にお皿にとれます。

なんと深夜3時まで営業している「鶴丸」。使い勝手がいいのに味は本格派のお店です。

食べログ
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000044/

ライタープロフィール

そま ちひろさん/女性/年齢:30代/中南米(2013年現在)/フリーライターおよび翻訳業。お気に入りの国はインド、住んでみたい国はスペイン、そして現在は南米を縦横断中、という矛盾だらけの人生を満喫しています。著作に「ヘラクレイトスの水」(大宰治賞2009収録)。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO